着実な進歩を遂げるマクラーレン。しかしアロンソ「悪い1年だった」

ここ数戦、着実な進歩を遂げているマクラーレン。しかしアロンソは今シーズンは「悪い1年だった」と評価する。

 マクラーレンのフェルナンド・アロンソは、2017年シーズンを”非常に悪い年”と評価。低調な結果とメカニカルトラブルの連続は、ポジティブな要素をはるかに凌駕していると語った。

 マクラーレンとホンダのパートナーシップ3年目も、非常に厳しいシーズンとなった。パワー不足、信頼性の欠如、その結果が満足いくリザルトを残すこともできず、ランキングでは現在9番手となっている。

 一方でマクラーレンは、シャシーの空力開発に成功したとして、ルノーのパワーユニットを使う来季について、明るい見通しを示した。

 アロンソはメキシコGPの予選Q1で5番手タイムをマーク。現在グリッド上で最高のマシンだと評価した。しかし今季については、「酷いシーズンだった」と語る。

「とても悪かったと思う」

 今シーズンの評価について尋ねられたアロンソは、記者団にそう語った。

「僕らのクルマは大きな進歩を遂げ、来季への見通しは明るい。しかし、良いシーズンではなかった」

「僕たちチーム内の全員は、素晴らしい2018年シーズンになることを信じていると思う。チーム内は今、良い雰囲気になっている」

「振り返ってみると、2月にマクラーレンの新車を発表した時、新しい規則、2016年に比べて少しパワーアップするために4カ月作業したエンジン……自分自身とチームがシーズンにかける希望は、大きく異なっていた」

「今、コンストラクターズランキングは9位で、これまでに9基ものエンジンを使った。チーム内の誰にとっても、良いシーズンにすることはできなかった」

 しかしアロンソ曰く、前戦メキシコGPは予選でのペース、決勝でのルイス・ハミルトン(メルセデス)とのバトルなどもあり、「2017年のベストレース」と語っている。

 また今回のブラジルGPでは、アロンソが2レース前から使っている新しいエアロパッケージを、チームメイトのストフェル・バンドーンにも投入。メキシコでの好結果がコース特性によるものなのかどうかを確認することができるだろうと感じているという。

「これまでのところ、メキシコGPは最高のレースだったと思う」

 そうアロンソは語った。

「僕らはメキシコで、それほど大きなことをしたわけじゃない。なぜなら、オースティンでのレースからわずか4日後だったから。だから、特定のコースに過ぎなかった。僕らはここブラジルで、どうなるのか見てみる必要がある」

「しかしハンガリー以降、マシンに投入されたあらゆるステップは非常にポジティブだった。スパでも、モンツァでもね。コースレイアウトが合わないから、僕らはそれを証明できなかったけど、正しい方向に進んでいると思う」

「トップを行くマシンを捕まえるためには、シャシーに関しても間違いなくまだまだやることがある。でも今、僕らは楽観視している」

「僕らは自分たちの強みも知っているし、弱点も分かっている。僕らは来年の3月に、すべてのライバルと確実に戦えるようにしなければいけない」

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー フェルナンド アロンソ
チーム マクラーレン
記事タイプ 速報ニュース