F1
28 3月
イベントは終了しました
R
エミリア・ロマーニャGP
16 4月
次のセッションまで……
3 days
R
ポルトガルGP
30 4月
次のセッションまで……
17 days
R
スペインGP
06 5月
次のセッションまで……
23 days
R
モナコGP
20 5月
次のセッションまで……
37 days
R
アゼルバイジャンGP
03 6月
次のセッションまで……
51 days
R
カナダGP
10 6月
次のセッションまで……
58 days
R
フランスGP
24 6月
次のセッションまで……
72 days
R
オーストリアGP
01 7月
次のセッションまで……
79 days
R
イギリスGP
15 7月
次のセッションまで……
93 days
R
ハンガリーGP
29 7月
次のセッションまで……
107 days
R
ベルギーGP
26 8月
次のセッションまで……
135 days
R
オランダGP
02 9月
次のセッションまで……
142 days
R
イタリアGP
09 9月
次のセッションまで……
149 days
R
ロシアGP
23 9月
次のセッションまで……
163 days
R
シンガポールGP
30 9月
次のセッションまで……
170 days
07 10月
次のセッションまで……
177 days
R
アメリカGP
21 10月
次のセッションまで……
191 days
R
メキシコGP
28 10月
次のセッションまで……
198 days
R
ブラジルGP
05 11月
次のセッションまで……
206 days
03 12月
次のセッションまで……
234 days
R
アブダビGP
12 12月
次のセッションまで……
243 days

鈴鹿サーキット、史上初のF1公認「リアル謎解きゲーム」を開催

鈴鹿サーキットは、史上初めてFOMから公認を受けた「リアル謎解きゲーム」を今週末より開催する。

鈴鹿サーキット、史上初のF1公認「リアル謎解きゲーム」を開催

 鈴鹿サーキットは、3月3日(土)より史上初めてF1を運営するFOMから公認を受けた「Formula1×リアル謎解きゲーム〜伝説のF1マシンの謎を解け〜」を開催する。

 このゲームは、鈴鹿サーキットのゆうえんち「モートピア」内でF1をテーマとした謎を解いて『伝説のF1マシンを作る』ことを目標にストーリーを進めていく体験型イベントだ。謎解きに必要な専用ツールを購入し、そのツールに含まれる冊子と各自のスマートフォンを用いて園内を回りながら謎を解いていく。

 ゲームには2人のキャラクターが登場し、ストーリーを導いてくれるようだ。ひとりは、謎を解き明かして伝説のF1マシンを作ろうとしている『ハルト』という少年。そしてもうひとりは、鈴鹿サーキットオフィシャルアナウンサーを務めるピエール北川氏が『ピエール北川』本人役で登場するとのことだ。

 専用ツールは場内各所で1500円で販売される。用意されている謎は小学生以上を対象とした難易度に設定されており、昔のF1を知らない子供からリアルタイムでF1を見続けてる大人まで、幅広い世代の人々が楽しむことができるイベントとなっている。ゲームをクリアすると、F1日本GPのパドックパスなどの豪華特典に応募できる。是非挑戦してみてはいかがだろうか?

■Formula1×リアル謎解きゲーム 概要
日程:2018年3月3日(土)〜10月8日(月・祝)
場所:ゆうえんち「モートピア」内
料金:謎解きツールセット 1,500円(税込み)※別途入園料が必要
専用ツール販売場所:ゲートショップ、ガレージアール、レーシングゾーン、サーキットプラザ、プッチタウンストア
クリア特典:①F1日本GPパドックパス 抽選30組60名(各10組20名/F1日本GPの金・土・日)
      ②F1日本GP親子ペアチケット 抽選30組60名
      ③F1日本GPスペシャル記念カード 1枚/1人
      ※特典2の座席は指定不可
      ※特典①②の抽選への応募は、8月31日(金)まで 
主催:株式会社モビリティランド 鈴鹿サーキット
監修:FOM、小倉茂徳氏(F1ジャーナリスト)
企画制作:謎解きタウン(DAS株式会社)

※詳細は鈴鹿サーキットの公式HP(http://www.suzukacircuit.jp/motopia_s/2018/mystery/)をご覧ください。

シェア
コメント
バルセロナ合同テスト4日目ライブタイミング:霧の中セッション開始

前の記事

バルセロナ合同テスト4日目ライブタイミング:霧の中セッション開始

次の記事

マクラーレン計161周、ハミルトン首位。トロロッソ合計走行距離トップ

マクラーレン計161周、ハミルトン首位。トロロッソ合計走行距離トップ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1