メルセデス、今週末投入のアップグレードにより”リヤの安定性”高まる

シェア
コメント
メルセデス、今週末投入のアップグレードにより”リヤの安定性”高まる
Adam Cooper
執筆: Adam Cooper
翻訳:: 青山悦子
2018/06/30 9:36

メルセデスの両ドライバーは、今週末持ち込んだ大型アップグレードに好感触を持ったようだ。

Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1 W09
Lewis Hamilton, Mercedes-AMG F1 W09
Lewis Hamilton, Mercedes-AMG F1 and Toto Wolff, Mercedes AMG F1 Director of Motorsport
Valtteri Bottas, Mercedes AMG F1 W09
Lewis Hamilton, Mercedes-AMG F1 W09 sparks
Valtteri Bottas, Mercedes-AMG F1 W09

 今週末のオーストリアGPにて、メルセデスはこれまでで最も規模の大きなアップグレードを持ち込んでいる。このアップグレードは、サイドポットとバージボードに集中している。

 バルテリ・ボッタスは、このアップグレードによってマシンのリヤがより安定していると感じており、日曜日のレースではタイヤマネージメントの助けになるかもしれないと示唆した。

「最初のフィーリングとしては、本当によく機能しているという感じだ」

「特にマシンのリヤエンドがすごく安定している。これを最大限に活用するためにも、僕らにはまだマシンバランスに関する作業が残っている」

「良い感じだった。もっと良くなるだろうが、良いスタートを切った」

 この変化によりタイヤの状況を改善することになるのかと尋ねると、「そうなるだろう」とボッタスは答えた。

「昨年、レース中に左のリヤタイヤに深刻なブリスターが発生した。間違いなく日曜日はもっと暑くなるし、もう一度この問題が起こる可能性もある。でも少なくとも今日はリヤのフィーリングはよかった」

「今話したように、この状態ならラップタイムももっと上がるだろう」

 またチームメイトのルイス・ハミルトンも、優勝を飾った先週末のフランスGPよりもマシンはかなり良くなていると述べた。

「乗る前にマシンを見ようとしたけれど、変わったところが多すぎて言えなかったよ!」

「トラック上でもマシンのある部分のフィーリングが良くなっている。でも、先週の時点でもすでに良いと思っていたんだ」

「素晴らしい仕事をしてくれた。僕もプッシュし続けて、これらを最大限に活用し、もっと多くのものを得たい」

次の F1 ニュース
トロロッソはホンダ新PUを活かし切れていなかった? 初日に比較実施

前の記事

トロロッソはホンダ新PUを活かし切れていなかった? 初日に比較実施

次の記事

ハース、アンセーフリリースで65万円の罰金も開幕戦以降の改善に満足

ハース、アンセーフリリースで65万円の罰金も開幕戦以降の改善に満足

この記事について

シリーズ F1
イベント オーストリアGP
ロケーション レッドブルリンク
ドライバー ルイス ハミルトン , バルテリ ボッタス
チーム メルセデス
執筆者 Adam Cooper
記事タイプ 速報ニュース