メルセデス、ストラテジストを擁護「ミスを認めるのは勇気がいること」

シェア
コメント
メルセデス、ストラテジストを擁護「ミスを認めるのは勇気がいること」
Adam Cooper
執筆: Adam Cooper
翻訳:: 青山 悦子
2018/07/03 8:09

メルセデスは、オーストリアGPでの戦略ミスを認めたストラテジストのジェームス・ボウルズを擁護した。

Valtteri Bottas, Mercedes AMG F1 W09, Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1 W09, Max Verstappen, Red Bull Racing RB14, Kimi Raikkonen, Ferrari SF71H, Romain Grosjean, Haas F1 Team VF-18, Sebastian Vettel, Ferrari SF71H
Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1 W09
James Vowles, Chief Strategist, Mercedes AMG F1, Race winner Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1, on the
Lewis Hamilton, Mercedes-AMG F1 W09
Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1 W09, Valtteri Bottas, Mercedes AMG F1 W09
Daniel Ricciardo, Red Bull Racing RB14, Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1 W09
Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1 W09
Lewis Hamilton, Mercedes-AMG F1 W09

 メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは、オーストリアGPの決勝レース中にルイス・ハミルトンへ戦略ミスを謝罪したストラテジストのジェームス・ボウルズの肩を持ち、「大勢の前でミスを認めるというのは勇気のいることだ」と述べた。

 決勝レースではバルテリ・ボッタス(メルセデス)がトラブルによりマシンを止めたため、VSCが導入された。この時ハミルトンは、上位を走るドライバーの中で唯一ピットストップを行わなかった。つまり、このタイミングでピットストップを行ったドライバーは通常よりも少ないロスでコースに復帰することができたが、ハミルトンはそれができなかったのだ。

 彼のレースエンジニアであるピーター・ボニントンは、このロスを取り返すためにはコース上で8秒稼ぐ必要があると伝えた。またこの直後に、ボウルズはハミルトンに直接戦略ミスを謝罪し、「できる限りのことを教えてくれ」、「我々は君を信頼しているし、信じている」と伝え彼を励ました。

 このVSC導入や、今シーズンの戦略についてウルフに尋ねると、メルセデスは完全にボウルズを信頼していると主張し、テレビで放送されるチームラジオにおいて自分のミスを認めるのは”勇気”がいることだと彼は話した。

「何かを変える必要はない」

「なぜミスが起きたのかを理解し、状況を振り返って分析することが最も重要なことだ」

「もう一度ミスを繰り返すとは考えていない。あの時の状況は非常に複雑であったし、我々は6台の中で争っていて厳しい状況だった」

「私としては、ジェームスはベストなストラテジストだ。可能な限りベストな結果を出すために、何百万人もの前で『あれは私のミスだった。君はまだこのマシンでレースができる』と言うには勇気が必要だ」

 またウルフは、ボウルズが無線で話したことや、ピットウォールで間違った決断をしたと認めることは、ハミルトンを励ますためのひとつの方法だったと明かした。

「ルイスにとって、楽にレースをリードしていたのに4番手に下がったというのは、本当に辛い瞬間だった」

「だが我々は、これで全てが終わったとは思っていなかった。可能な限り最大限のポイントを取り戻したかった。あの時は我々のミスについて皆が痛みを感じていた」

「ジェームスが無線で話すというのは、我々の考えによるものだ。これを片付けるため、そしてチームが誤ったことをしてしまい、それが自分たちのミスであると完全に認識していると彼(ハミルトン)に伝えるために、我々はミスをしたと話した」

「彼のパフォーマンスには何が影響するのかということを考え、『どのようにしてこういうことが起きたのか?』という考えのループから抜け出すことを手助けしようとしていた。ミスを認めることで、そのスパイラルから抜け出すことがより容易になる」

 彼は、イギリスに戻った後で行われたチームのデブリーフィングにおいて、ハミルトンがポジティブな態度であったことを称賛した。

「我々は慣習に従い、すぐにデブリーフィングを開いた。彼もラジオで参加し、『ブリックスワースとブラックリーでどれくらい多くの人が聞いているのかわからないけど、僕は最後にレースをリタイアしたときのことを思い出せない』と言った」

 ハミルトンは、続けて次のように話したという。

「このチームは、過去数年間にわたって最高の信頼性があった。今回のレースでも間違いなく僕らには最速のマシンがあった。僕がこれまでドライブしてきたチームの中でもベストなチームだ」

「だから僕たちはここからリカバーする必要がある。強くなって戻ってこれると信じている」

次の記事
ボッタス、逆境に立たされ”まるで悪い冗談のよう”なシーズンを嘆く

前の記事

ボッタス、逆境に立たされ”まるで悪い冗談のよう”なシーズンを嘆く

次の記事

メルセデス、”残忍”チームオーダーを発令しなかったフェラーリを賞賛

メルセデス、”残忍”チームオーダーを発令しなかったフェラーリを賞賛
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント オーストリアGP
ロケーション レッドブルリンク
ドライバー ルイス ハミルトン 発売中
チーム メルセデス 発売中
執筆者 Adam Cooper