ボッタス、逆境に立たされ”まるで悪い冗談のよう”なシーズンを嘆く

シェア
コメント
ボッタス、逆境に立たされ”まるで悪い冗談のよう”なシーズンを嘆く
執筆: Scott Mitchell
翻訳:: 青山悦子
2018/07/03 8:08

オーストリアGPをリタイアで終えたボッタスは、今年の不運続きな状況は悪い冗談のようだと語った。

Valtteri Bottas, Mercedes AMG F1 W09
Toto Wolff, Executive Director (Business), Mercedes AMG, with Valtteri Bottas, Mercedes AMG F1
Race retiree Valtteri Bottas, Mercedes-AMG F1 on a scooter
Valtteri Bottas, Mercedes AMG F1 W09
Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1 W09, Valtteri Bottas, Mercedes AMG F1 W09
Race retiree Valtteri Bottas, Mercedes-AMG F1 on a scooter
Valtteri Bottas, Mercedes AMG F1 W09
Valtteri Bottas, Mercedes-AMG F1 W09
The car of Race retiree Valtteri Bottas, Mercedes-AMG F1 W09
Valtteri Bottas, Mercedes-AMG F1 W09 retires from the race

 オーストリアGPの決勝をリタイアで終えたメルセデスのバルテリ・ボッタスは、逆境に立たされていることを認め、この不運をまるで悪い冗談のように感じていると語った。

 ボッタスはオーストリアGPの予選で今シーズン初めてのポールポジションを獲得するも、決勝レースではスタートで一時4番手までポジションを落としてしまった。

 その後はキミ・ライコネン(フェラーリ)とマックス・フェルスタッペン(レッドブル)をオーバーテイクして2番手までポジションを取り戻した。しかしステアリングの油圧漏れにより、13周目にリタイアとなった。

「今年の運は、まるで悪い冗談のようだ」とボッタスは話した。

「理想的なスタートではなかった。かなりホイールスピンをしてしまい、予想以上にグリップもなかった。それで少しポジションを落としてしまった」

「ターン3の進入でポジションをふたつ取り戻し、2番手まで戻ってきた。その後はマシンの競争力を感じることができて、良い走りもできていた。だけど突然油圧が失われてしまった」

「リタイアを避けるためにできることは何もなかった」

「こういうことが起きるのが今日だとは思ってなかった。でもいつかは起きるんだ」

 今年は、開幕戦の予選でクラッシュを喫し、15番手からスタートして8位入賞という結果でシーズンの幕開けを迎えたボッタス。彼はシーズン序盤戦での遅れを取り戻そうとしているが、彼自身にはどうにもできない要因によって、その試みが叶わなかったレースもあった。

ボッタスの”悪い冗談”

中国GP:SCのタイミングに翻弄される

 まるでフェラーリ時代のミハエル・シューマッハーのような走りでアンダーカットを成功させ、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)を逆転することに成功したボッタス。その後トロロッソの同士討ちによりSC(セーフティカー)が出動したが、ボッタスやベッテルがSCラインを通過した後に出動が宣言されたため、絶好のタイミングでピットストップを行うことができなかった。

 このピットストップでタイヤ交換を行ったレッドブルが終盤に猛威を振るい、ボッタスはダニエル・リカルド(レッドブル)に優勝を奪われる形となった。

アゼルバイジャンGP:最終ラップでデブリに泣く

 ロングスティントを走ったボッタスは、2度目のSC出動時にピットストップを行いトップで隊列に戻ることに成功。リスタート後もベッテルからのアタックを凌ぎ、首位を堅持した。

 しかし最終ラップでコース上に落ちていたデブリを踏んでしまい、タイヤがパンク。ここでリタイアとなった。

フランスGP:ベッテルとの接触により勝負権失う

 スタート直後のターン1でベッテルと接触し、急遽ピットイン。この時点でチームメイトのルイス・ハミルトンに挑むチャンスは失われた。

 ベッテルはターン1でボッタスと並ぶも行き場を失い、さらには左フロントタイヤをロックさせ、アウト側にいたボッタスと接触した。これによりボッタスはスピンし、左リヤタイヤをパンクさせてしまった。

 ボッタスは追い上げを見せ7位でフィニッシュ。一方ベッテルは接触の責任を問われ5秒ペナルティを受けたものの、5位でレースを終えた。

オーストリアGP:今季初PPもトラブルによりリタイア

 今シーズン初めてポールポジションを獲得したが、ターン1で4番手に沈む。直後に2番手までポジションを取り戻したが、ステアリングの油圧漏れによりリタイアとなった。

 ボッタスはドライバーズランキングでマックス・フェルスタッペン(レッドブル)に追い抜かれ、5位に転落。フェルスタッペンとのポイント差は1ポイントだが、ランキング首位のベッテルとの差は54ポイントにまで広がった。

次の F1 ニュース
メルセデス、ストラテジストを擁護「ミスを認めるのは勇気がいること」

前の記事

メルセデス、ストラテジストを擁護「ミスを認めるのは勇気がいること」

次の記事

レッドブルリンクでのブリスター多発は、ピレリにとっても驚きだった

レッドブルリンクでのブリスター多発は、ピレリにとっても驚きだった

この記事について

シリーズ F1
ドライバー バルテリ ボッタス 発売中
チーム メルセデス
執筆者 Scott Mitchell
記事タイプ 速報ニュース