F1
R
第1戦オーストラリアGP
12 3月
-
15 3月
次のセッションまで……
54 days
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
61 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
75 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
89 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
103 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
110 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
124 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
138 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
145 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
159 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
166 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
180 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
194 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
222 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
229 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
243 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
250 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
264 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
278 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
285 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
299 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
313 days

ベッテル、”レースをさせない”ペナルティに反対。今後のレースへの懸念も

シェア
コメント
ベッテル、”レースをさせない”ペナルティに反対。今後のレースへの懸念も
執筆:
翻訳:: 青山 悦子
2018/07/06 4:04

ベッテルは、インシデントの審議やドライバーへのペナルティが多く、”レースをすることを許されてない”と感じたという。

Romain Grosjean, Haas F1 Team VF-18, Sebastian Vettel, Ferrari SF71H, Daniel Ricciardo, Red Bull Racing RB14, Kevin Magnussen, Haas F1 Team VF-18, Carlos Sainz Jr., Renault Sport F1 Team R.S. 18, Nico Hulkenberg, Renault Sport F1 Team R.S. 18, Esteban Ocon, Force India VJM11
Max Verstappen, Red Bull Racing RB14, Sebastian Vettel, Ferrari SF71H, Daniel Ricciardo, Red Bull Racing RB14, Romain Grosjean, Haas F1 Team VF-18
Sebastian Vettel, Ferrari in the Press Conference
Sebastian Vettel, Ferrari SF71H
Sebastian Vettel, Ferrari SF71H
(L to R): Kimi Raikkonen, Ferrari, Max Verstappen, Red Bull Racing and Sebastian Vettel, Ferrari in the Press Conference
Valtteri Bottas, Mercedes AMG F1 W09, Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1 W09, Kimi Raikkonen, Ferrari SF71H, Max Verstappen, Red Bull Racing RB14, Sebastian Vettel, Ferrari SF71H, Romain Grosjean, Haas F1 Team VF-18, the rest of the field at the start of the race
Sebastian Vettel, Ferrari SF71H

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、インシデントの審議や、ドライバーへ科されるペナルティの数などを振り返り、”F1ドライバーはレースをすることを許されていない”と感じたと語った。

 先週末のオーストリアGPでは、ベッテルは予選Q2でカルロス・サインツJr.(ルノー)の走行を妨害したとして、3グリッド降格ペナルティを受けた。しかしサインツJr.自身はQ3へと進出しており、ベッテルの妨害はサインツJr.の予選結果に影響は与えていなかった。

 ベッテルは、ドライバー間のインシデントに関するこのレベルの監視は”必要ない”と感じているという。

「僕はこのようなペナルティのファンではないと言っているし、これは僕たちドライバーの責任だとも過去に話している。僕らは金曜日の午後に(ドライバーズブリーフィングの)席について、その決断や一貫性について不満を伝えている」

「モータースポーツは白黒の区別がはっきりしていない。だからあらゆる決定が同じものにならないことがある。毎回何かを決める必要はないと思うけれど、このスポーツはこういうところに行き着いた」

「あらゆるインシデントが調査され、いわゆる”レーシングインシデント”と呼ばれる。これ以上、こういうことが起こる状況は許されるべきではない」

「膨大な量のルールブックをやめよう。これの見出しには”我々がレースをすることは許されない”と書いてあるのだろうと、時々感じるんだ」

 またベッテルは、シーズン中は今後も誰かがスチュワードのアプローチによって影響を受けることは避けられないと話した。

「(オーストリアでの)あの状況下では誰も損をしていないし、カルロスも問題なかったと話していた。彼は完全に状況を理解し、とても落ち着いていた。でも結局僕はペナルティを科された」

「僕としては、1日を台無しにされた。今シーズン中に他にも誰かがそういう思いをすることになるだろう。でもそういったものは全て必要ないと思う」

「正気を失うとか、何かクレイジーなことをするとか、そういうことじゃない。限界までプッシュしようとしたら、ミスをするかもしれないということだ」

「どのサーキットへ行っても物事が審議されるという傾向がある。僕はその言葉が好きじゃないんだ」

Additional reporting by Adam Cooper

次の記事
アロンソ、マクラーレン体制変更に関与せず「将来にも影響しない」

前の記事

アロンソ、マクラーレン体制変更に関与せず「将来にも影響しない」

次の記事

メルセデス、燃料ポンプ改良。前戦のトラブルに”ほぼ一晩”で対応

メルセデス、燃料ポンプ改良。前戦のトラブルに”ほぼ一晩”で対応
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー セバスチャン ベッテル 発売中
チーム フェラーリ 発売中
執筆者 Glenn Freeman