ラッセル、メルセデス昇格の2022年は「人生で最も忙しい1年になるはず!」

ジョージ・ラッセルは、F1トップチームであるメルセデスのドライバーとなる2022年が、人生で最も濃い1年となると期待している。

 ラッセル、メルセデス昇格の2022年は「人生で最も忙しい1年になるはず!」

 2019年にF1デビューし、ウイリアムズでの3年間を経て、ついにメルセデス昇格を果たすジョージ・ラッセル。彼にとって、2022年は人生の中でも大きな意味を持つ1年になると覚悟しているようだ。

 メルセデスの育成ドライバーとしてGP3、FIA F2選手権でタイトルを獲得し、ステップアップしてきたラッセルは、ウイリアムズでも印象的なパフォーマンスを発揮。文句なしでトップチーム入りを果たした。

 2021年シーズン終了後、『Autosport』のインタビューに応じたラッセルは、メルセデスへのステップアップと計23レースと史上最多となるカレンダーが相まって、2022年は忙しい1年になると気を引き締めていると語った。

「年明けはいい休日を過ごそうと思っているんだ」

「2022年はレーススケジュールだけでなく、コース外やマーケティングの面でも僕の人生で最も激しい年になると思うからだ」

「ウイリアムズでは、そのポジションの性質上、それほど多くのマーケティング活動をする必要がなかった。でもメルセデスには多くのスポンサーがついていて、ドライバーは多くの責任を負わなくてはいけないんだ」

「コロナから脱しつつあるということも、その背景にある。全チームのパートナーが18ヵ月分の活動を逃しているから、全てが加速されることになる」

「レースの面でも、レースの外の面でも、非常に激しいものになるだろう。だから、1月には10日間の休暇をとってリセットし、1月中旬から下旬にかけて、すべてをテーブルの上に置いて、がんばるつもりだ」

 ウィリアムズでの3年間の大半を下位で過ごしたラッセルにとって、この移籍はF1で上位グリッドを争う初めての本格的なチャンスとなる。メルセデスは2021年、ドライバーズタイトルこそ逃したものの、コンストラクターズタイトルは8連覇を達成している。

 ラッセルは、新レギュレーションが導入されるマシンの開発に携われること、そして尊敬するルイス・ハミルトンと一緒に仕事ができることを喜んでいる。

「新しいマシンを見るのと、それが何をもたらしてくれるのか知るのか、本当に楽しみだ」とラッセルは語った。

「それはとてもエキサイティングなことだけど、同時に1シーズンを通して劇的に進歩するクルマの開発に携われることを楽しみにしている。デザイナーと一緒に仕事をし、シミュレーターで作業をし、進歩するために多くの仕事をするんだ」

「開幕戦では必ずしも一番速い人たちが勝つとは限らない。面白いデザインのクルマが出てくるだろうし、テストや序盤戦で劣勢に立たされることもあるかもしれない」

「最も早く、最もうまく開発し、今後数年の基盤を構築するのは誰かということなんだ。エンジニアリングの観点からすると、とても楽しみな面もあるんだ」

「そして、ルイスとチームを組むことは、明らかにエキサイティングなことだ。僕は史上最高のドライバーと一緒に走れるという特権的な立場にいるんだ」

「自分の実力を試し、ドライバーとして進歩するための素晴らしい機会だ」

 
Read Also:

シェア
コメント
アロンソ、F1での仕事は今も昔も”ずっと満足”「僕は幸せな男。皆さんに伝わっていないかもしれないけど……」
前の記事

アロンソ、F1での仕事は今も昔も”ずっと満足”「僕は幸せな男。皆さんに伝わっていないかもしれないけど……」

次の記事

F1デビュー時の心の不調さらけ出したノリス、その言葉が「同じように苦しんでいる人たちを助けられるのは誇り」

F1デビュー時の心の不調さらけ出したノリス、その言葉が「同じように苦しんでいる人たちを助けられるのは誇り」
コメントを読み込む