”10年の遅れ”を取り戻すルノー。ライバルに追いつくのは「まもなく」

ルノーのアビテブールは、当初約10年の遅れがあったチームはそれを挽回しつつあり、まもなくライバルに追いつくことができると語る。

 ルノーは資金難に喘いでいたロータスを買収する形で、2016年シーズンからワークスチームとしてのF1プロジェクトを再開した。

 ルノーは2001〜2009年にも同チームをワークスチームとして走らせ、2005年と2006年にはフェルナンド・アロンソらを擁し、ドライバーズタイトルとコンストラクターズタイトルを獲得した。

 しかしその後、ジニー・キャピタルがチームを所得しロータスとなった後は、前述の通り次第に財政状況が悪化していくことになった。

「以前の所有者の時は、明らかに投資が不足していた」

 ルノーのマネージングディレクターであるシリル・アビテブールはmotorsport.comに対してそう語った。

「しかし、以前ルノーがチームを持っていた時の終盤にも、我々は近代化するチャンスを失った」

「2007〜2009年頃を振り返ってみると、素晴らしい状況ではなかった。そして、エンストンのチームへの投資が滞り始めたんだ」

「だから我々は、2007〜2008年頃からの遅れを取り戻す必要がある。その10年の間に、F1の世界はガラリと変わってしまったんだ」

 しかしアビテブールは、ルノーが直面している課題を認めつつも、ライバルと同等のリソースを再び手にするのは、それほど遠くないことだと考えている。

「我々には、達成すべき大きな仕事がある。そしてそれに向け足並みが揃っている」

 そうアビテブールは語る。

「インフラは整いつつあり、人材も揃いつつある。商業的な側面……それは心躍るようなモノではないが、資金を調達するのも重要だ」

「我々には新しいパートナーを獲得するための活動を成功させつつある。そして彼らはこのプロジェクトを信頼しており、ファクトリーでの進捗を目にすることができる。おそらくはまもなくコースでもね」

 ルノーは2016年からF1スタッフの増員を始め、当初の400人から今では500人を超える規模にまで膨れ上がっている。また、シャシー面のテクニカルディレクターであるニック・チェスターによれば、その数は2018年の終わりまでに”おそらく”700人に達するという。

「各部門が適切にコミュニケーションを取っていることを確認するため、よく見守っていかなければならない」

 そうチェスターは付け加えた。

「でも実際には、2015年末以降の成長については、かなりうまく機能していると言わなければならないだろう」

「コミュニケーションを取っていない部門にも、実際には大きな問題はなかった。そして、我々はより多くのことができるようになった」

「部門間でバランスが取れていることを確認するだけだ」

「リソースを正しく分配するのは、少し難しいことだった。しかし、スタッフが増えたおかげで、それほど痛みを伴わずにそれを行うことができた」

 エンストンのファクトリーが、ライバルチームと同等のレベルになっているのかと尋ねられたチェスターは、次のように語った。

「いや、まだだ。しかしその過程は非常にうまくいっている」

「ほとんどの作業は最終段階に入っている。だから2月には完了するはずだ」

「また、インフラを整える作業もほとんど完了している。だからおそらく、70%というところだろう」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム ルノーF1チーム
記事タイプ 速報ニュース