2017年F1マシンは”美しい”とフェラーリTD語る

2017年のF1マシンは、ここ数年不評だったマシンの外観の問題を解決するだろうと、フェラーリのテクニカルディレクターであるジェームス・アリソンが語った。

 F1マシンの外観は、ここ数シーズン批判にさらされている。特にレギュレーションによってノーズ先端を低くすることが求められたため、その規則内で最も効率の良い形として各チームが生み出したノーズ形状が、批判の対象になった。

 2017年のF1テクニカルレギュレーションは、従来のモノから大きく変更されている。最大の目的は、1周あたり”5秒”速いマシンを生み出すことだが、同時によりアグレッシブな外観を実現することが目指されている。それには、幅が広く、角度のついたウイングが関係することになるだろう。

 フェラーリのテクニカルディレクターであるジェームス・アリソンは、チームは最速のマシンを設計することのみを重視しており、外観はその結果に過ぎないと語っている。ただ、マラネロで作業中の2017年マシンの初期コンセプトを見た彼は、チームとFIAは2017年レギュレーションで両立を実現したと自信を持っている。

「F1チームは、マシンのデザインにおいては機能にしか重点を置いていない。だから、今見ている通り、すべてのマシンが似たデザインになってきてしまうのだ」とアリソン。

「しかしながら我々の全員、少なくとも大半は、美しいモノを生み出したいと思っており、本質的にクルマを美しくするレギュレーションを欲している。今回も機能面のみを重視してマシンの開発を進めているが、新レギュレーションは自然と美しいクルマが出来上がるようになっている」

「この数年間、批判の矛先となった”醜い”と評されたノーズを取り去ることに、成功しつつある。そして、信じられないほど速いにも関わらず、美しいマシンを作れるよう、実に意識的な努力がなされている。来年のマシンは、非常に魅力的だと思う」

「そのマシンが造られ、そしてそれを見ることができるというのは、非常に幸運なことだ。私は、レースでそのマシンに会えるのを、楽しみにしている」

関連記事:【解説】”5秒”速い!? 2017年のF1マシンを徹底解説

 

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース
タグ james allison, sergio marchionne