【2017年F1マシン:テクニカルスペック】ルノーR.S.17

ルノーは、マシン寸法などを含めた2017年マシンR.S.17のスペックを公開した。

 ルノーは21日、ロンドンで2017年の新車となるR.S.17の発表会を行った。ルノーはワークス体制復帰2年目を迎え、パワーユニットをほとんど一新。手腕に定評のあるニコ・ヒュルケンベルグを迎え入れるなど、大きな飛躍を目指す年となる。

<シャーシ/サスペンション>
シャーシ:カーボンファイバー成形&アルミニウムハニカムコンポジットモノコック ルノースポールF1チーム製
フロントサスペンション:カーボンファイバートップ&ボトムウィッシュボーン プッシュロッド式
リヤサスペンション:カーボンファイバートップ&ボトムウィッシュボーン プルロッド式
ホイール:マグネシウムホイール OZ製

トランスミッション:8速セミオートマチックチタニウムギヤボックス+リバースギヤ
燃料システム:ケブラー強化ラバー燃料タンク ATL製
エレクトロニクス:MES-マイクロソフト製スタンダードECU

<ブレーキ>
キャリパー:ブレンボ製
パッド:カーボン
ディスク:カーボン
マスターシリンダー:APレーシング製

<マシン寸法>
フロントトラック幅:1,600 mm
リヤトラック幅:1,550 mm
全高:950 mm
全幅:2,000 mm
重量:722 kg(ドライバー、車載カメラ、バラスト含む)

<ルノー製パワーユニット R.E.17>
排気量:1.6L V6
気筒数:6
バンク角:90° V6
ボア径:80 mm
ストローク:53 mm
クランクハイト:90 mm
バルブ:1気筒あたり4
最高回転数:15,000 rpm
ターボチャージャー:シングル
ブースト圧:無制限 通常時5 bar(約72.5 psi)
最高燃料流量:100 kg/h
最高燃料搭載量:105 kg
インジェクション:直噴

<エネルギーリカバリーシステム>
MGU-K回転数:最高50,000 rpm
MGU-K出力:最高 120 kW
MGU-Kによるエネルギー回生:1周につき2 MJまで
MGU-Kによるエネルギー放出:1周につき4 MJまで
MGU-H回転数:100,000 rpm以上
MGU-Hによるエネルギー回生:無制限

パワーユニット合計重量:最低145 kg
パワーユニット基数:ドライバーごとに年間4基
合計出力:900 hp以上

【関連ニュース】

【F1】ルノー2017年型マシンR.S.17を公開「F1は我々のDNA」

【F1】ギャラリー:ルノーR.S.17全ディテール

【F1】ルノー、2017年の目標は”ランキング5位”

【F1】プロスト、ルノーF1チームに参加「自らの経験で勝てるチームに」

【F1】ルノーPUチーフ「2017年PUは、昨年とは95%違っている」

【2017年F1マシン:テクニカルスペック】ザウバーC36

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 Renault Sport F1 Team RS17 launch
記事タイプ 速報ニュース