2018年から搭載義務付けのハロ。デジタル画面の取り付けを検討中!?

F1のチーム代表らは、今季から装着が義務付けられるコクピット保護デバイス”ハロ”にデジタル画面を追加することを検討しているようだ。

 2018年シーズンから、F1マシンにはコクピットを保護するためのデバイス、通称”ハロ”を搭載することが義務付けられる。

 このハロは、ただマシンの上に取り付けるだけでなく、衝撃が加わった際にそのエネルギーを吸収できるよう、モノコックにも工夫が必要となる。その効果を確認するためのクラッシュテストを実走行前に通過する必要があるため、各チームはこのオフシーズン、難しい仕事を強いられている。

 その一方でハロが装着されることにより、新たな商業的な機会が生まれる可能性も期待されている。非常に目立つ位置に設けられるハロは、スポンサー企業にとっては絶好のスペースと言えるわけだ。

 F1では現在、ハロの搭載によって生み出されたこの新たなスペースを、最大限に活用するための”実験的なソリューション”を分析しているという。そのうちのひとつが、LEDなどを用いたデジタル表示システムの採用だ。

「ハロの上に何らかのデジタル的デバイスを搭載することについて話をしている。だから我々は、それを最大限に活用すると思う」

 マクラーレンのエクゼクティブディレクターであるザク・ブラウンはそう語った。

「証券取引所で見るような、デジタル表示版のようなモノかもしれない。そして何らかのメッセージを表示するのだろう」

「ハロには、レギュレーションでできることとできないことが規定されている。例えば、ドライバーの気を散らさないように、内部を塗装することはできないんだ」

「ハロも他のすべてのモノと同様に、時間と共に発展していくだろう。だからハロの見た目は、5年後には全く違ったモノとなっているかもしれない。うまくいけば、マシンと一体化した形状になっているはずだ。今のハロは、マシンに載せられているだけのように見える」

「またそれは、ハロにより商業的な価値を生み出すことになるだろう」

 またF1の広報担当者は、motorsport.comに対して次のように語った。

「ハロに搭載する何か特定のモノを検討してはいません」

「しかし我々は、コマーシャルパートナーを手助けするための新しい方法を常に模索していますし、チームやプロモーターが最大の露出効果を得るための方法を探しています」

「いくつかの実験的な解決策がテストされています。これらのうちのすべてが、来シーズンには日の目を見るかもしれないし、あるいは全く採用されないかもしれません」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース