F1ロシアFP3速報:フェラーリが好調維持でワンツー。フェルスタッペン5番手

F1ロシアGPのフリー走行3回目は、フェラーリのシャルル・ルクレールがトップタイムをマークした。

F1ロシアFP3速報:フェラーリが好調維持でワンツー。フェルスタッペン5番手

 F1第16戦ロシアGPのフリー走行3回目が行われ、フェラーリのシャルル・ルクレールが1分32秒733でセッショントップとなった。

 2番手はチームメイトのセバスチャン・ベッテルで0.316秒差。3番手はメルセデスのルイス・ハミルトンで0.396秒差だった。

 レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンはスピンする場面があり5番手。アレクサンダー・アルボンは7番手だった。

 トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは11番手となったが、ダニール・クビアトはトラブルでマシンを止め、19番手に終わった。

【リザルト】F1第16戦ロシアGP:フリー走行3回目

順位 ドライバー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Monaco シャルル ルクレール 14 1'32.733     227.025
2 Germany セバスチャン ベッテル 15 1'33.049 0.316 0.316 226.254
3 United Kingdom ルイス ハミルトン 19 1'33.129 0.396 0.080 226.060
4 Finland バルテリ ボッタス 18 1'33.354 0.621 0.225 225.515
5 Netherlands マックス フェルスタッペン 12 1'34.227 1.494 0.873 223.426
シェア
コメント
マクラーレン、2021年にPUをスイッチ。マクラーレン・メルセデスが復活へ
前の記事

マクラーレン、2021年にPUをスイッチ。マクラーレン・メルセデスが復活へ

次の記事

F1ロシアFP3:フェラーリ好調のワンツー。クビアトは“再び”トラブル発生の受難

F1ロシアFP3:フェラーリ好調のワンツー。クビアトは“再び”トラブル発生の受難
コメントを読み込む