F1
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
28 11月
-
01 12月
イベント 進行中 . . .

4戦連続ノーポイントのライコネン、”思い出”の鈴鹿で復調目指す

シェア
コメント
4戦連続ノーポイントのライコネン、”思い出”の鈴鹿で復調目指す
執筆:
2019/10/10 9:45

シーズン後半戦に入ってノーポイントレースが続いているキミ・ライコネンは、日本GPで問題を解決したいと語った。

 アルファロメオのキミ・ライコネンは、シーズン後半戦に入って続いている悪い流れを、このF1日本GPで断ち切りたいと話した。

 今季からフェラーリを離れアルファロメオに加わったライコネン。シーズン前半戦は安定して速さを発揮していたが、夏休み明けの第13戦ベルギーGP以降ポイントを獲得できていない。

 10日(木)に鈴鹿サーキット入りしたライコネンは、マシン本来のパフォーマンスを発揮できていない原因を突き止めたいと話した。

「今週末、クルマのどこが悪いのかを理解できることを願っている。そのためにトライしてみるつもりだ。クルマを一気に速くする必要があるとは思っていないけど、安定して走れるようにはできるはずだ」

「サーキット特性の影響ではないと思う。でも予選はとても僅差だから、ちょっとしたミスや問題でポジションを落としてしまう」

「セットアップの問題なのか、それとも何か他に理由があるのかを理解する必要がある。今後大きなアップデートをするかは分からないけど、来季のレギュレーションが大きく変わるわけではないから、助けにはなるはずだ」

 今回の日本GPは、日本列島に近づく台風19号の影響で、走行スケジュールが変更となる可能性も生じている。

 ライコネンは、同じく台風の影響で日曜日の朝に予選が行われた2004年の日本GPを経験した唯一の現役ドライバーだ。雨の予選で17番グリッドに沈みながらも、彼が大逆転優勝を飾った2005年の日本GPを覚えているファンも多いだろう。

 鈴鹿での経験の違いがパフォーマンスに影響するかと訊かれ、次のように答えた。

「誰にもコントロールできないことだし、どうなるか見てみよう。ここ(鈴鹿)で予選がキャンセルになったこともあったけど、日曜日に(予選を)やることができた」

「2005年は良いレースだったし、多くの人に当時のことを訊かれる。鈴鹿は素晴らしいトラックだし良い思い出はあるけど、経験の差が違いを生むことはないだろう」

「セッションが実施されれば走るけど、僕たちには限界が分かっている。かつては本当にひどい雨でも問題は起きなかった。TVでは雨量が多く見えず、走れない僕たちがマヌケに見えるかもしれないけど、簡単にコントロールを失ってしまうんだ」

「予報通りに雨が降るかどうか見てみよう。それは明らかだと思うけどね」

Read Also:

次の記事
ベッテル、ルクレールとの関係悪化を否定「変わらず仲良くやっている」

前の記事

ベッテル、ルクレールとの関係悪化を否定「変わらず仲良くやっている」

次の記事

半世紀前の“クラシックカー”は今より大変? フェルスタッペン、RA272の感想語る

半世紀前の“クラシックカー”は今より大変? フェルスタッペン、RA272の感想語る
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第17戦日本GP
サブイベント Thursday
ドライバー キミ ライコネン 発売中
チーム Alfa Romeo
執筆者 松本 和己