F1
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
28 11月
-
01 12月
イベント 進行中 . . .

ホンダF1、ブラジルGPは”素晴らしい予選”に。田辺TD「確実に結果につなげたい」

シェア
コメント
ホンダF1、ブラジルGPは”素晴らしい予選”に。田辺TD「確実に結果につなげたい」
2019/11/17 3:34

F1ブラジルGP予選で速さを見せたレッドブルとトロロッソ。ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターは、万全の準備で決勝結果につなげたいと意気込んだ。

 ホンダのパワーユニットを搭載するレッドブルとトロロッソは、F1第20戦ブラジルGPの予選で印象的な速さを見せた。

 アタックでミスがあったダニール・クビアト(トロロッソ)こそ、0.03秒届かずQ1で敗退となったものの、その他の3台はQ3へと駒を進めた。

 Q3では、トロロッソのピエール・ガスリーが中団勢トップの7番手タイムを記録。ポールポジション争いは、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)がライバルたちに0.1秒以上の差をつけて制した。チームメイトのアレクサンダー・アルボンは、0.4秒差で6番手だった。

 シャルル・ルクレール(フェラーリ)がグリッド降格ペナルティを受けるため、決勝ではアルボンが5番手、ガスリーが6番手からスタートすることになる。

「今日はすばらしい予選結果になりました。フェルスタッペン選手が終始速さを見せ、今季2度目のポールポジションを獲得してくれました」

 ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターは、プレスリリースにそうコメントを寄せた。

「アルボン選手も初めての走行となったこの難しいサーキットで、十分にコンペティティブなタイムを出してくれたと思います。また、ガスリー選手は4戦連続のQ3進出を果たし、アルボン選手に次ぐ7番手につけました」

「クビアト選手は小さなミスのために非常に僅差でのQ1落ちとなりましたが、ロングランペースは悪くないので、明日のレースでは巻き返しを見せてくれると思います」

 ホンダにとってブラジルGPでのポールポジション獲得は、アイルトン・セナの1991年以来28年ぶりとなった。田辺TDは、予選でのポジションを確実に結果につなげたいと話した。

「明日は71周と長いレースになります。今日の予選で得たポジションを確実にレース結果に結びつけられるよう、万全の準備をして臨みたいと思います」

Read Also:

次の記事
「僕は馬鹿だ!」ルクレール、予選のミス悔やむ。決勝は“フルアタックモード”へ

前の記事

「僕は馬鹿だ!」ルクレール、予選のミス悔やむ。決勝は“フルアタックモード”へ

次の記事

【ギャラリー】2019年鈴鹿サウンド・オブ・エンジン

【ギャラリー】2019年鈴鹿サウンド・オブ・エンジン
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第20戦ブラジルGP
サブイベント QU