F1
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
28 11月
-
01 12月
イベント 進行中 . . .

アルボン、接触で表彰台逃し”動揺”。それでも「ハミルトンには怒っていない」

シェア
コメント
アルボン、接触で表彰台逃し”動揺”。それでも「ハミルトンには怒っていない」
2019/11/18 2:46

レッドブルのアレクサンダー・アルボンは、F1ブラジルGPでルイス・ハミルトンと接触しスピンを喫したが、ハミルトンを責めていないという。

 F1ブラジルGPは、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが優勝。トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーが2位となり、レッドブルとホンダにとって歓喜の1日となった。一方、アレクサンダー・アルボン(レッドブル)にとっては残念なレースとなってしまった。

 レース終盤、フェラーリの2台が同士討ちでリタイアを喫し、セーフティカーが出動。アルボンは残り2周でレースが再開された時点で2番手につけていた。

 セーフティカー走行中にタイヤを交換し4番手となっていたルイス・ハミルトン(メルセデス)は、難なくガスリーを交わしてアルボンに迫ると、ターン10でオーバーテイクを仕掛けた。しかし十分なスペースはなく、アルボンに接触してしまった。

 これによりスピンを喫したアルボンは、14位でフィニッシュ。表彰台はおろかポイント獲得すらも逃すこととなった。ハミルトンはこの接触の責任を全面的に認め、アルボンに謝罪した。

 レース後、アルボンは「(謝罪は)問題ない。当然、彼もそうするつもりはなかったんだ。ルイスには怒っていないよ」と、motorsport.comに語った。

「そういうこともあるさ。もちろん表彰台は欲しかったし、今日はそれにふさわしいと感じていたけどね。それは本当だ。僕は少し動揺しているけど、それもレースだ」

 ハミルトンとの接触について、アルボンは次のように話した。

「それについて振り返ってみると、僕は(接触直前の)ターン9で彼をミラーで見たんだ。オーバーテイクを仕掛けてくるほどには近くないと思ったので、そこではディフェンスしなかった。ルイスをカバーしようとして、とにかく速く行こうとしたんだ」

「あの(接触した)時、彼がオーバーテイクを仕掛けたように思えたけど、確信はできていなかった。サイドバイサイドのバトルではよくあることだけど、彼が死角に入って見えなかったので、少しスペースを空けていた。彼がどこにいるか分からなかったけど、ターンインはしなくちゃいけない。『そこに誰もいませんように』と願いながらね」

「そして、僕たちは接触した。あれはそういうインシデントだったんだ」

「正直に言って、もし彼がそこでオーバーテイクできなくても、ターン1でオーバーテイクできたと思う。彼の方が速かったからね。もちろん、彼は(トップを走る)マックスに追いつくために、早く僕をパスしたかったんだろう」

Additional Reporting by Valentin Khorounzhiy

Read Also:

次の記事
サインツJr.、DRS使用違反を疑われるも、”幸運な”初表彰台が確定

前の記事

サインツJr.、DRS使用違反を疑われるも、”幸運な”初表彰台が確定

次の記事

フェラーリ代表、同士討ちは“愚か”と失望「チームに謝るべき」

フェラーリ代表、同士討ちは“愚か”と失望「チームに謝るべき」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第20戦ブラジルGP
サブイベント Race
ドライバー アレクサンダー アルボン
チーム レッドブル・ホンダ 発売中