F1
R
第1戦オーストラリアGP
12 3月
-
15 3月
次のセッションまで……
52 days
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
59 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
73 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
87 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
101 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
108 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
122 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
136 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
143 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
157 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
164 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
178 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
192 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
220 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
227 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
241 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
248 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
262 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
276 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
283 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
297 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
311 days
ジョルジョ・ピオラ【F1メカ解説】
トピックス

ジョルジョ・ピオラ【F1メカ解説】

トロロッソ・ホンダ、2年目の”飛躍”。STR14をどうアップデートしたのか?

シェア
コメント
トロロッソ・ホンダ、2年目の”飛躍”。STR14をどうアップデートしたのか?
執筆:
, Featured writer
協力: Matthew Somerfield
2019/12/26 7:04

ホンダとの提携2年目を迎えたトロロッソは、2度の表彰台を獲得。シーズンを通じて空力性能の改善に集中し、チーム史上最高タイとなるランキング6位を手にした。

 トロロッソの2018年型マシン『STR13』は、ホンダ製パワーユニットの搭載が急きょ決まったことから、空力面では妥協を強いられていた。その点、ホンダとの提携2年目を迎えた2019年シーズンのマシン『STR14』は、空力性能の改善に集中することができた。

 2018年はコンストラクターズランキング9位だったが、2019年はホンダのパワーユニットが進歩したこともあり、セバスチャン・ベッテルがイタリアGPで初優勝した2008年に並ぶ、コンストラクターズランキング6位となった。

 パフォーマンスの浮き沈みは激しく、苦しむレースも少なくなかったが、時折強力なパフォーマンスを発揮。ダニール・クビアトがドイツGPで3位、ピエール・ガスリーがブラジルGPで2位を獲得した。

 STR14は、姉妹チームであるレッドブルのRB15とは異なり、フロントウイングのフラップ外側の部分が気流を外向きにコントロールする”アウトウォッシュ”型のウイングを採用。当初はシンプルだったバージボードも、繰り返しアップデートが行なわれていった。

Read Also:

スライダー
リスト

シーズン前テストのトロロッソSTR14 バージボード周辺部

シーズン前テストのトロロッソSTR14 バージボード周辺部
1/9

写真:: Giorgio Piola

 バルセロナでのシーズン前テストでガレージから出ていくSTR14。初期のバージボードエリアは比較的シンプルな構成となっている。

トロロッソSTR14のリヤウイングエンドプレート

トロロッソSTR14のリヤウイングエンドプレート
2/9

写真:: Giorgio Piola

 STR14の開幕戦仕様リヤウイング。トロロッソはリヤウイングのエンドプレート上部を内側に折り曲げた(赤矢印)。以前は、ドラッグを低減するためにリヤウイング上部にルーバー(水平のスリット)が入れられていたが、2019年からは禁止。その代替として考えられた処理だと考えられる。一部の他チームも、のちに同様の処理を行なった。

第2戦でアップデートされたSTR14のバージボード

第2戦でアップデートされたSTR14のバージボード
3/9

写真:: Giorgio Piola

 パフォーマンス向上を目指したチームは、第2戦バーレーンGPに新しいバージボードを持ち込んだ。テストおよび開幕戦で使用された仕様と比べると、バージボードがそれぞれ異なるサイズに三分割されている。また、それに合わせてフットプレートの設計も変更されている。

トロロッソSTR14のリヤウイングとTウイング

トロロッソSTR14のリヤウイングとTウイング
4/9

写真:: Giorgio Piola

 スペインGPに持ち込まれたSTR14のリヤウイング。ダウンフォースの増加とバランス改善を求めて、リヤウイングを改良。さらに湾曲したスリット入りのTウイングも搭載された。

トロロッソSTR14の側面

トロロッソSTR14の側面
5/9

写真:: Giorgio Piola

 カナダGPで導入されたサイドミラー。シーズン序盤はミラー全周を囲うようにボディワークがついていたが、他チームのデザインを模倣する形でアップデートを実施した。

トロロッソSTR14のサイドポッド周辺

トロロッソSTR14のサイドポッド周辺
6/9

写真:: Giorgio Piola

 ドイツGPでバージボード周辺部を大幅にアップデート。他のチームでも見られたようなブーメランウイングをバージボードに上部に追加した。また、このブーメランウイングは、独特な”ブラインド”スタイルのサイドポッドディフレクターに接続されている。

トロロッソSTR14のTウイング

トロロッソSTR14のTウイング
7/9

写真:: Giorgio Piola

 チームはリヤのダウンフォースを追求し、ハンガリーGPで二段式の大型Tウイングを搭載した。

トロロッソSTR14のフロントウイング

トロロッソSTR14のフロントウイング
8/9

写真:: Giorgio Piola

 トロロッソはホームレースであるイタリアGPで、フロントウイングにいくつか変更を加えた。最も大きな変更は、フラップ先端の形状。この領域はY250ボーテックスと呼ばれ、フロントタイヤ後方を横切る渦流をコントロールしており、アップデートにより渦流の形状と方向が変更されたと考えられる。

トロロッソSTR14 シーズン終盤のフロントウイング

トロロッソSTR14 シーズン終盤のフロントウイング
9/9

写真:: Giorgio Piola

 シーズン後半は、2020年に向けた開発にシフトしていったため、2019年向けのアップデートは少なくなっていった。写真のフロントウイングは、メキシコGP以降に使われたもの。フラップの形状が変更されている他、剛性を上げるためのスワンネック形状サポートの位置も異なる。

Read Also:

次の記事
「スムースオペレータ〜♪」サインツJr.、“鉄板無線ネタ”の誕生秘話明かす

前の記事

「スムースオペレータ〜♪」サインツJr.、“鉄板無線ネタ”の誕生秘話明かす

次の記事

メルセデスF1代表「2019年は“ニキを失った”年」偉大な功績も、親友の死には敵わない

メルセデスF1代表「2019年は“ニキを失った”年」偉大な功績も、親友の死には敵わない
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム トロロッソ・ホンダ 発売中
執筆者 Giorgio Piola