速報ニュース

終わりの見えない新型コロナウイルスの感染拡大……2020年のF1開幕は6月に?

終息の気配を見せない新型コロナウイルスの影響で、F1の2020年シーズンが6月開幕となる可能性があるようだ。

Valtteri Bottas, Mercedes AMG W10, leads Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1 W10, Sebastian Vettel, Ferrari SF90, Sergio Perez, Racing Point RP19, Max Verstappen, Red Bull Racing RB15, and the rest of the field at the start

 マクラーレンのチームスタッフに新型コロナウイルスの感染者が確認されるなど、開催が危ぶまれていたF1開幕戦オーストラリアGPは、3月13日(金)朝に中止が正式決定した。1週間後には第2戦バーレーンGP、そして4月初旬にはベトナムGPが控えているが、状況が好転する見込みは極めて小さいため、いずれも延期が濃厚と見られている。

 情報筋によると、オーストラリアGP開催を巡る一連の混乱の後、いくつかのチームが既にバーレーンGPに参加しない意思を示しているようだ。一方でベトナムに関しては、国が新型コロナウイルスの流行を防ぐために厳格な渡航制限を設けたこともあり、F1開催に向けては前途多難と言える。

 そしてベトナムGPの後にはオランダ、スペイン、モナコのヨーロッパラウンドがスタートする予定となっているが、ヨーロッパは既に世界的なパンデミックの中心となってしまっているため、F1は中止を検討しているという。

 それはつまり、2020年シーズンのF1開幕が6月のアゼルバイジャンGPまでずれ込む可能性があることを意味している。

 F1のCEOであるチェイス・キャリーは、オーストラリアGPの中止発表後にメルボルンで行なわれた会見の中で、今後について次のように語った。

「まず我々が焦点を当てていることは、今週末起きた問題について適切に対処することだ」

「しかしながら、数日以内に今後のイベントに関する対処も始めるだろう。今後の予測をするのが極めて難しい。言うなれば“流動的”な状況だ」

「今日の状況は2日前の状況とは異なっているし、4日前のそれとも異なっている。そのため、何らかの予測を元に迅速な変更を決めるということは、困難なのだ」

 F1関係者は、どのグランプリに向けて飛行機のチケットを手配すればいいのか……その問いに対し、キャリーはこう答えた。

「もちろん、ここにいる誰もがその答えを求めているし、答えが出ることを待ち望んでいる。ただ現時点では、みなさんに分からないものは、我々にも分からない」

「我々は世界中のあらゆる専門家などと連絡を取り、やるべきことをやっていかなければならない」

「言うまでもなくF1は国際的なスポーツだ。したがって我々は、一国の問題にとどまらず、色々と複雑なものを扱っている。ただそんな中でも、状況の変化に応じて適切に対応する必要があると思う」

 

Read Also:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 急きょ中止のオーストラリアGP、チケット払い戻し対応急ぐ。今後は財政問題に直面?
次の記事 F1第2戦バーレーンGP、第3戦ベトナムGPが延期に。開幕戦中止に続き

Top Comments

コメントはまだありません。 最初のコメントを投稿しませんか?

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本