自らが果たせなかった“夢の続き”をF1で……佐藤琢磨、角田裕毅に想い託す

2021年シーズンのF1昇格が有力視されている角田裕毅について、佐藤琢磨は「自分たちが成し遂げられなかった“F1での夢”を託したい」とエールを送った。

自らが果たせなかった“夢の続き”をF1で……佐藤琢磨、角田裕毅に想い託す

 ホンダ、そしてレッドブルの育成ドライバーである角田裕毅は、2020年のFIA F2選手権をランキング3位で終えた。これでスーパーライセンスの発給条件を満たしたため、2021年はアルファタウリからF1デビューを果たす可能性が高いと見られている。

Read Also:

 F2でのルーキーシーズンで角田は、12ラウンド中4ラウンドで予選ポールポジションを獲得。レース1で2勝、レース2で1勝を挙げ、ルーキー最上位となるランキング3位となった。これは同カテゴリー(GP2時代含む)における日本人ドライバー最上位であり、角田のF1デビューが実現すれば、現行のスーパーライセンスポイント制度をクリアしてF1に参戦する初めての日本人ドライバーということになる。

Read Also:

 予選フロントロウ獲得1回、3位表彰台1回、年間ランキング最上位は8位……日本人F1ドライバーとして最も実績を残したと言っても過言ではないのが、佐藤琢磨だ。motorsport.comのインタビューに応えた佐藤は、スーパーライセンス獲得が懸かったF2最終ラウンドの2レースで優勝、2位と完璧なパフォーマンスを見せた角田を称賛した。

「素晴らしい成長を遂げたこの1年間の集大成を見せてくれましたよね」

「ランキングもギリギリのところまで落ちてしまって、あれだけのプレッシャーがかかっている中でも攻めの姿勢を崩しませんでしたし、ある意味冷静にレースをマネジメントしていましたね。周りの期待にも応えつつ、自身の目標も達成できたことはすごい成長だと思います」

「彼は弱冠20歳、つまり僕がスクールに入った年齢でもうそこまで来ちゃってる訳ですから、全く次元が違いますよね」

「裕毅は僕にとっての直接的な教え子ではないです。ただ同じホンダのドライバーとして、若くて速い子がいることは聞いていました。スクール生の時は彼とゆっくりと話す機会がありませんでしたが、彼の向上心だったり、周りを惹きつける魅力は感じていました。だからこそ、ヨーロッパに行って短期間で成功して上に上がっていくドライバーになったんだと思いますし、それはもう期待せざるを得ませんよね」

 そう最大級の賛辞を送った佐藤。今や2度のインディ500覇者となり、モータースポーツ界の歴史に名を刻んだ佐藤だが、F1で頂点に立つという夢は道半ばで終わってしまった。彼はこれまで日本人ドライバーが誰も到達できなかった領域に角田がたどり着けると感じており、自らが果たせなかった夢を託したいと語った。

「ひとりのレースファンとして活躍を楽しみにしています。そして同じホンダのドライバーとしても、自分たちが成し遂げられなかったF1での夢を彼に託すしかないですからね」

「僕は(F1で)3位にしか行けてない訳ですから。まずはポディウムに、そしてゆくゆくはその頂点に……それは彼にしかできないことですし、期待しています。それができるかできないかは別の話ですが、少なくとも彼自身が学んできたことや彼自身の成長を見る限り、不可能ではないと思っています」

 

Read Also:

シェア
コメント
角田裕毅、いざF1へ「現行ルール下で初の日本人F1ドライバーになれるのは誇り」

前の記事

角田裕毅、いざF1へ「現行ルール下で初の日本人F1ドライバーになれるのは誇り」

次の記事

F2ストーブリーグも本格始動。プレマはシュバルツマン&F3王者ピアストリの布陣に

F2ストーブリーグも本格始動。プレマはシュバルツマン&F3王者ピアストリの布陣に
コメントを読み込む