F1 オーストリアGP

角田裕毅、スプリント17番手に「マシンが遅すぎました」とガックシ

角田裕毅はF1オーストリアGPのスプリントを17番手と後方フィニッシュとなった。彼はレースを振り返り「マシンが遅すぎた」と語った。

Yuki Tsunoda, AlphaTauri AT03

 レッドブルリンクで行なわれているF1オーストリアGPは、2日目にスプリントレースが実施。17位となった角田裕毅(アルファタウリ)はマシンが遅すぎたと語っている。

 角田はスプリントを14番手からスタートしたものの、スタート時にポジションを下げてしまう。その後もペースがあがらず、角田以上にポジションを落としていたはずのチームメイトのピエール・ガスリーなどにも追い抜かれてしまい、17番手フィニッシュに留まった。

 これにより3日目の決勝レースも後方からのスタートとなってしまった角田。レースを振り返り、マシン自体に速さがなく、週末を通じてバランスの問題に悩まされていたと語った。

「タフな一日でした」と、角田はチームのプレスリリースにコメントを寄せている。

「僕の方はまったくペースが無く、他のマシンとはレベルが違っていて、遅すぎました」

「全体的にグリップを欠いていて、週末を通じてバランスが予測不可能なモノになっていたんです。データは確認していますが、これまでのところ問題は見つかっていません。ですからより詳細に調べる必要があります」

 
Read Also:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 マシンが完全に”ブラックアウト”! アロンソ、スプリントを走れず「何か大きな問題がある」
次の記事 フォーメーションラップ中の無線でドライバー7人召喚……最終的にはお咎め無しの判断に

Top Comments

最新ニュース

元フェラーリF1代表のマッティア・ビノットがアウディF1に加入、プロジェクト責任者に。アンドレアス・ザイドルは離脱へ

元フェラーリF1代表のマッティア・ビノットがアウディF1に加入、プロジェクト責任者に。アンドレアス・ザイドルは離脱へ

F1 F1
元フェラーリF1代表のマッティア・ビノットがアウディF1に加入、プロジェクト責任者に。アンドレアス・ザイドルは離脱へ
海外F1記者の現場勘|レッドブル昇格が「角田裕毅のためになるとは思えない」アストン・ホンダが求めるドライバーになれるはず

海外F1記者の現場勘|レッドブル昇格が「角田裕毅のためになるとは思えない」アストン・ホンダが求めるドライバーになれるはず

F1 F1
ハンガリーGP
海外F1記者の現場勘|レッドブル昇格が「角田裕毅のためになるとは思えない」アストン・ホンダが求めるドライバーになれるはず
雨のスーパーフォーミュラSUGO戦でなぜアクシデントが多発したのか。複合的要因の考察とタイヤメーカー横浜ゴムに聞く今後の対応

雨のスーパーフォーミュラSUGO戦でなぜアクシデントが多発したのか。複合的要因の考察とタイヤメーカー横浜ゴムに聞く今後の対応

SF スーパーフォーミュラ
雨のスーパーフォーミュラSUGO戦でなぜアクシデントが多発したのか。複合的要因の考察とタイヤメーカー横浜ゴムに聞く今後の対応
F1分析|角田裕毅の”誰にも真似できない”完璧なタイヤマネジメントでハンガリーGP入賞。優れた戦略と、少しの幸運も後押し

F1分析|角田裕毅の”誰にも真似できない”完璧なタイヤマネジメントでハンガリーGP入賞。優れた戦略と、少しの幸運も後押し

F1 F1
ハンガリーGP
F1分析|角田裕毅の”誰にも真似できない”完璧なタイヤマネジメントでハンガリーGP入賞。優れた戦略と、少しの幸運も後押し

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本