98年F1王者マシンMP4-13が鈴鹿に登場。ハッキネンのドライブが決定

シェア
コメント
98年F1王者マシンMP4-13が鈴鹿に登場。ハッキネンのドライブが決定
2018/07/02 7:19

今年の10月に鈴鹿サーキットで行われるF1日本GPに、1998年のF1チャンピオンマシン”マクラーレンMP4-13”が登場、ハッキネンはドライブすることが決まった。

 今年の10月に鈴鹿サーキットで行われるF1日本GPの際に、ミカ・ハッキネンが1998年のドライバーズタイトルを獲得した時の愛車”マクラーレンMP4-13”のデモ走行が行われることが決まった。

 このマクラーレンMP4-13は、普段ドイツで動態保存されているもので、約20年ぶりに海を渡り、鈴鹿サーキットに持ち込まれる。

 当日ドライブを担当するのは、もちろんミカ・ハッキネン。ハッキネンにとって自身初、そしてブリヂストンタイヤにとっても初となった歓喜のシーンが、今再び呼び起こされるようだ。

 このハッキネンによるマクラーレンMP4-13のデモ走行は、伝説的なマシンが一同に走行する『Legend F1 SUZUKA 30th Anniversary Lap』の中で行われ、金曜日15分、土曜日3周(イン・アウトラップ含む)、日曜日15分の走行枠が設けられている。

 この他、フェラーリF187(1987年)、ロータス100T(1988年)、ベネトンB189(1989年)、ローラLC90(1990年)、ティレル019(1990年)、マクラーレンMP4/6(1991年)、フェラーリ412T2(1995年)、フェラーリF2005(2005年)、フェラーリF10(2010年)なども走行する予定である。

 鈴鹿サーキットで30回目のF1日本GPを彩る『Legend F1 SUZUKA 30th Anniversary Lap』。ハッキネン+MP4-13の登場で、さらなる盛り上がりを見せることになりそうだ。

次の F1 ニュース
レッドブル、フェルスタッペンのPU出力を制限。トラブル連鎖を懸念

前の記事

レッドブル、フェルスタッペンのPU出力を制限。トラブル連鎖を懸念

次の記事

メルセデス、ハミルトンの戦略ミスを認める「難しく考えすぎていた」

メルセデス、ハミルトンの戦略ミスを認める「難しく考えすぎていた」

この記事について

シリーズ F1
イベント 日本GP
ドライバー Mika Hakkinen
記事タイプ 速報ニュース