F1
03 7月
イベントは終了しました
10 7月
イベントは終了しました
17 7月
イベントは終了しました
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
次のセッションまで……
2 days
28 8月
次のセッションまで……
16 days
R
イタリアGP
04 9月
次のセッションまで……
23 days
R
トスカーナ・フェラーリ1000・2020ムジェロGP
11 9月
次のセッションまで……
30 days
R
ロシアGP
25 9月
次のセッションまで……
44 days
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
58 days
23 10月
次のセッションまで……
72 days
R
エミリアロマーニャGP
31 10月
次のセッションまで……
80 days

フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ
11,587 articles
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……

f1 News and Analysis

グリッド
リスト

ハミルトン、苦戦の原因はタイヤの高い内圧?「タイヤがまるで風船のようだった」

ルイス・ハミルトンは、タイヤの内圧が高く”風船”のようになっていたことが、メルセデスの2台が見舞われたタイヤトラブルの一因になったと疑っている。

メルセデス、次戦もブリスターに悩まされる可能性「まだ原因を理解できていない」

メルセデスのチーフ・レースエンジニアのアンドリュー・ショブリンは、F1 70周年記念GPで悩まされたブリスターの問題に、緊急に対処する必要があると認める。

ペレスはスペインGPに出られるはず……レーシングポイント”99%”確信

レーシングポイントは、次戦スペインGPでセルジオ・ペレスが復帰することを99%確信しているという。しかし万が一の場合に備え、ニコ・ヒュルケンベルグを待機させている。

F1の2020年4〜6月期の収入が大幅減! 昨年の660億円が25億円に

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、2020年のF1の4〜6月期の収入は、前年同期の6億2000万ドルから、2400万ドルに激減したことが明らかになった。

勝負の鍵となったタイヤ戦略。「メルセデスと違うことをするしかなかった」とレッドブル代表

レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、F1 70周年記念GPをハードタイヤでスタートするという決断を、マックス・フェルスタッペンは受け入れざるを得なかったと語った。

フェラーリ、絶不調のベッテルのシャシー交換も辞さず「それが役に立つなら」

フェラーリは、セバスチャン・ベッテルが現在ドライブしているシャシーに根本的な問題があると感じている場合、交換に応じるという。

メルセデス代表、チーム批判のボッタスに理解。「敗北から学び、強くなる」と逆襲を誓う

メルセデスのトト・ウルフ代表は、チームの戦略を痛烈に批判したバルテリ・ボッタスの不満に理解を示した。

「お盆休みの日本に、良いニュースを届けられて良かった」ホンダ山本MD、今季1勝目を語る

ホンダの山本雅史F1マネージングディレクターは、レッドブルのマックス・フェルスタッペンが優勝したF1 70周年記念GPを振り返り、戦前から勝つ自信を持っていたと語った。

角田は1戦1戦成長している……山本MD、将来の活躍に期待「彼はひと皮剥けた」

FIA F2のシルバーストン戦で初優勝を果たした角田裕毅について、ホンダの山本雅史F1マネージングディレクターがコメント。1戦1戦成長していると、将来に向けての期待感を語った。

ヒュルケンベルグ、待望の初表彰台ならず。タイヤの振動酷く予定外の3ストップ強いられる

ニコ・ヒュルケンベルグは、F1 70周年記念GPのレース終盤にタイヤのバイブレーションに悩まされたため、ピットインを余儀無くされたと語った。

F2初優勝の角田裕毅「僕にとっては大きな一歩」 課題は予選結果?

FIA F2の第5ラウンドのレース2で初優勝を果たした角田裕毅は、自分とチームにとって大きな一歩だったと語ると共に、より簡単に表彰台を手にするために、予選を改善したいと語った。

「ベッテルが入賞を逃したのは戦略ではなくスピンのせい」とフェラーリ代表

フェラーリのマッティア・ビノット代表は、セバスチャン・ベッテルのレースに悪影響を与えたのは戦略よりも1周目のスピンであると語った。

レッドブル代表、フェルスタッペンのパフォーマンス称賛「今回のレースから学ぶことがたくさんある」

レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、70周年記念GPでのマックス・フェルスタッペンのパフォーマンスを称賛したが、他のチームが同様のタイヤ戦略を選ばなかったことに驚いたという。

メルセデスのウルフ代表、F1側に“忖度”するライバルたちに皮肉「彼らは言いなり」

メルセデスのトト・ウルフ代表は、コンコルド協定を巡る議論に関して、多くのF1チームがオーナー企業であるリバティメディアの「言いなりになっている」と語った。

「今がチャンス!」フェルスタッペン、チームの指示に反対した理由を説明

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、F1 70周年記念GPの決勝レースで、メルセデス勢を追いながらも、自信を持ってタイヤをマネジメントできたため、チームの警告を無視したという。

レーシングポイント、ブレーキダクトの継続使用で“戒告”。ライバルは異議申し立てか

レーシングポイントは、物議を醸していたブレーキダクトの継続使用について、F1 70周年記念GP後に戒告処分を受けた。

殊勲の4位ルクレール「8位以上になれるなんて、予想もできなかった」

フェラーリのシャルル・ルクレールは、シルバーストンで行なわれたF1 70周年記念GPの決勝レースで4位となったが、当初は8位以上になることは期待できなかったと言い、結果について「とても満足している」と語った。

「眠っていたんじゃないか?」チームの戦略を、ボッタス痛烈に批判

F1 70周年記念GPで3位に終わったメルセデスのバルテリ・ボッタスは、チームの戦略を批判。「時々眠っていたんじゃないか?」と辛辣な言葉を浴びせかけた。

ホンダ田辺TD「チーム、ドライバー、PUのチームワークが噛み合った勝利だった」

ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターは、F1 70周年記念GP決勝後に記者団の取材にオンラインで応じ、マックス・フェルスタッペンの勝利を振り返った。

【動画】2020F1 70周年記念GP決勝ハイライト

2020年F1 70周年記念GP決勝レースをハイライト動画でプレイバック。

本人も驚きの完勝でメルセデスに土。「今年初めてチャンスを感じた」とフェルスタッペン

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、F1 70周年記念GPでメルセデスを倒して勝利できたことに驚いており、「まさか勝てるとは思わなかった」とコメントした。

F1 70周年記念GP決勝:レッドブル・ホンダ今季初優勝! フェルスタッペン抜群のタイヤマネジメント光る

F1第5戦F1 70周年記念GPの決勝レースが行なわれ、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが今季初優勝を果たした。

F1 70周年記念GP決勝速報:レッドブル・ホンダのフェルスタッペン、今季初優勝!

F1 70周年記念GPの決勝が行なわれ、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが今季初優勝を遂げた。