ヒュルケンベルグ、ギヤボックス交換で5グリッド降格ペナルティ

シェア
コメント
ヒュルケンベルグ、ギヤボックス交換で5グリッド降格ペナルティ
執筆:
2018/04/28 12:34

ルノーのニコ・ヒュルケンベルグは、ギヤボックスを交換するため、アゼルバイジャンGP決勝で5グリッド降格ペナルティを受ける。

 ルノーのニコ・ヒュルケンベルグは、ギヤボックスを交換するため、アゼルバイジャンGP決勝で5グリッド降格ペナルティを受けることが決まった。

 ヒュルケンベルグは、フリー走行3回目(FP3)の走行中にマシンリヤ部分に問題があると報告、セッションの4分の1を走行できていなかった。

 チームは、予選を前にギヤボックス交換を決断。レギュレーションでは、ギヤボックスは最低6レース連続で使用されなければならず、ヒュルケンベルグはペナルティを受けることになった。

 ヒュルケンベルグは、FP3で16番手だったチームメイトのカルロス・サインツJr.のひとつ後ろ、17番手でセッションを終えている。今週末の彼はトラブル続き。プランク(マシンのフロアについている木の板)を交換するために走行時間をロス。軽いブレーキトラブルにも見舞われたという。

「FP2は、マシンの感触やパフォーマンスについて全体的に満足できなかった。でもそれは時に起きることだ」と彼は語った。

「古いブレーキを使っていた。それが、原因の大部分を占めているはずだ」

次の記事
バクーFP3速報:ベッテルが首位。トロロッソはガスリーが13番手

前の記事

バクーFP3速報:ベッテルが首位。トロロッソはガスリーが13番手

次の記事

バクーFP3:フェラーリ復調か、ベッテルがトップ。ガスリーは13番手

バクーFP3:フェラーリ復調か、ベッテルがトップ。ガスリーは13番手
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント アゼルバイジャンGP
ロケーション Baku City Circuit
ドライバー ニコ ヒュルケンベルグ 発売中
チーム ルノーF1チーム
執筆者 Scott Mitchell