オープニングラップでリタイアのオコン、接触したライコネンを非難

シェア
コメント
オープニングラップでリタイアのオコン、接触したライコネンを非難
執筆:
2018/04/29 14:40

オコンは、アゼルバイジャンGPのオープニングラップで喫したクラッシュに関して、ライコネンを厳しく非難した。

 フォースインディアのエステバン・オコンは、アゼルバイジャンGP決勝レースの1周目、ターン3で喫したクラッシュに関し、フェラーリのキミ・ライコネンを非難した。

 7番グリッドから好スタートを切ったオコンは、6番手のライコネンに対してターン2の後のストレートで並びかけたが、ターン3でイン側のライコネンと接触。ライコネンはレースを継続することができたものの、バリアまで弾き飛ばされたオコンはレースを終えることになった。

 この件はレース後に審議されることになったが、マシンを降りたオコンはライコネンを非難している。

「僕は素晴らしいスタートを切った。本当に良かったんだ。ターン2で彼(ライコネン)をオーバーテイクしようとした。その後のストレートで完全に前に出たんだ。彼は後ろにいた」とオコンは『Canal+』に語った。

「彼が何をしたのかわからない。彼はブレーキをリリースして、僕に当たったんだ」

「素晴らしいスタートを切った後で、大きなチャンスを失ってしまった。(チームメイトのセルジオ)ペレスは多くのポイントを挙げるだろう。それはチームにとってはいいことだ」

「キミに言いたいことは何かって? 彼は話をしないだろう」

「彼は昨日(予選)もミスをしたが、今日はまた新たなミスをした」と、オコンの批判は止まらなかった。

 オコンの言葉通り、ペレスは荒れたレースを生き残り3位表彰台を獲得。また、オコンとの接触で緊急ピットインしたライコネンも挽回し、2位表彰台に上がっている。

Additional reporting by Benjamin Vinel

次の記事
 F1アゼルバイジャン決勝速報:まさかの展開、ハミルトン今季初勝利

前の記事

F1アゼルバイジャン決勝速報:まさかの展開、ハミルトン今季初勝利

次の記事

アゼルバイジャンGPを大逆転で制したハミルトン「少し奇妙な気分だ」

アゼルバイジャンGPを大逆転で制したハミルトン「少し奇妙な気分だ」
コメントを読み込む
まずは最新ニュースを読む