トロロッソ・ホンダ、ロングラン改善に注力。ガスリー白煙は影響なし

シェア
コメント
トロロッソ・ホンダ、ロングラン改善に注力。ガスリー白煙は影響なし
2018/11/24 3:41

アブダビGP初日、トロロッソ・ホンダはロングランの改善に注力。PUに大きなトラブルが起きることもなく走行を終えた。

 今季の最終戦アブダビGP初日に臨んだトロロッソ・ホンダ。ロングラン改善に取り組み、全体的にはポジティブな1日となったようだ。

 前戦ブラジルGPではピエール・ガスリーが予選10番手につけながら、決勝では思うようにペースを発揮できず、ポイントに手が届かなかった。そのためチームは今回、ロングラン用のセットアップに重点を置いてセッションを進めたという。

 2度のフリー走行を共に11番手で終えたピエール・ガスリーは、全体的にはポジティブだったものの、トップ10入りするためには改善が必要だと、プレスリリースに語った。

「チームにとってポジティブなセッションになった。マシンの第一印象はとてもよかったけど、10番手以内になるためにはまだなにか足りていない。それを解明していく必要がある」

「明日は大事な一日になる。予選で最大限のパフォーマンスを出し日曜の決勝でいいレースができるよう、今夜の作業でセッティングの最適化に取り組みたい」

 そのガスリーは、FP1終盤にマシン後部から白煙をあげながらピットインする場面もあった。しかしこれはパワーユニット(PU)ではなく、ギヤボックスのトラブルだったようだ。

 ホンダF1テクニカルディレクターである田辺豊治は、PUには特に影響はないとコメントしている。

「PUとしては大きなトラブルもなく、シーズン最終戦をスムーズなかたちでスタートできました。なお、FP1終了後に問題の可能性があったギヤボックスの交換を行いましたが、PU側では特に大きな影響はありませんでした」

 マシンにトラブルがあり、予選シミュレーションを満足にできなかったというブレンドン・ハートレーも「ロングランでは期待していた結果が得られた。予選に向けて今夜は引き続き準備進めていきたい」と意気込んだ。

次の記事
ハミルトンの”ナンバー1”は1度限り。「個人的には嫌い」も変更の理由は?

前の記事

ハミルトンの”ナンバー1”は1度限り。「個人的には嫌い」も変更の理由は?

次の記事

ハイパーソフトは驚速。しかし劣化激しく、決勝戦略に影響か?

ハイパーソフトは驚速。しかし劣化激しく、決勝戦略に影響か?
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント アブダビGP