F1
29 8月
-
01 9月
イベントは終了しました
05 9月
-
08 9月
イベントは終了しました
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
1 days
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
8 days
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
22 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
36 days

ホンダF1、ベルギーGPで”スペック4”PU導入。アルボンとクビアトが使用へ

シェア
コメント
ホンダF1、ベルギーGPで”スペック4”PU導入。アルボンとクビアトが使用へ
2019/08/29 11:09

ホンダF1は、第13戦ベルギーGPにアップデートされた”スペック4”のパワーユニットを持ち込むことが明らかとなった。

 ホンダF1は第13戦ベルギーGPに、”スペック4”のパワーユニット(PU)を持ち込む。レッドブルへと昇格したアレクサンダー・アルボンと、トロロッソのダニール・クビアトが新仕様のPUを使う予定となっている。

 約1カ月の夏休みを経て、ベルギーのスパ・フランコルシャンでF1のシーズンが再開される。ホンダは、パワーが重要とされるスパに、アップデートされたPUを持ち込んだようだ。

 ホンダのF1テクニカルディレクターを務める田辺豊治は、ベルギーGPに向けて次のように語った。

「夏休み前の数レースで、私たちのパフォーマンスは徐々に向上し、両チーム(レッドブルとトロロッソ)が競争力を持っていました。その勢いを維持し、さらなる改善を目指します」

「スパはクラシックなコースのひとつで、1周が7kmを超える最長のコースです。PUの観点から言えば、ヘアピンのラ・スルスからオー・ルージュを通り、レ・コンブまでの非常に長い(全開)区間が最も興味深いところです」

「今回のイベントで、私たちはスペック4のPUを導入します。これまで通り、信頼性とパフォーマンス両方の改善に力を入れてきました。パフォーマンスの改善により今後さらに上位を争う位置でレースができればと思っています」

 ベルギーGPでは戦略的な理由から、アルボン車とクビアト車のPUが交換される予定となっている。どのコンポーネントを交換するのか、具体的な計画は明らかとなっていないが、両者ともグリッド降格ペナルティを受けるのは避けられない。

 クビアトは、スペック3を投入した第8戦フランスGPですでにPU交換によるグリッド降格ペナルティを受けている。

 また、アルボンは今回からピエール・ガスリーに代わってレッドブルのマシンに乗る。レギュレーションによれば、アルボンはガスリー車のPU使用基数を引き継ぐことになるが、ガスリー車も夏休みに入る時点で全コンポーネントがシーズン中にペナルティを受けずに使用できる最大基数に達していたため、ペナルティを受けることとなる。

 田辺TDは、レッドブルとトロロッソのドライバー4人全員のサポートに力を尽くすと話した。

「なお、今回からガスリー選手とアルボン選手がチームを変わりますが、両ドライバーが新たなステージにおいてもベストな結果を残せるように今まで同様、我々も全力でサポートを続けます」

次の記事
F1の2020年暫定カレンダー発表、史上最多22戦開催へ。日本GPは10月11日決勝

前の記事

F1の2020年暫定カレンダー発表、史上最多22戦開催へ。日本GPは10月11日決勝

次の記事

メルセデス、ボッタスとの契約延長を決定

メルセデス、ボッタスとの契約延長を決定
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第13戦ベルギーGP