F1
R
第1戦オーストラリアGP
12 3月
-
15 3月
次のセッションまで……
52 days
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
59 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
73 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
87 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
101 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
108 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
122 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
136 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
143 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
157 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
164 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
178 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
192 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
220 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
227 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
241 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
248 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
262 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
276 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
283 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
297 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
311 days

オーストリアFP3:ベッテルがハミルトンを抑えトップ。中団チームも大激戦

シェア
コメント
オーストリアFP3:ベッテルがハミルトンを抑えトップ。中団チームも大激戦
執筆:
2018/06/30 11:21

F1第9戦オーストリアGPのフリー走行3回目は、フェラーリのセバスチャン・ベッテルがトップタイムをマークした。

 F1第9戦オーストリアGPのフリー走行3回目が行われ、フェラーリのセバスチャン・ベッテルがルイス・ハミルトン(メルセデス)を僅差で抑え、トップとなった。

 サーキット上空には雲も見受けられるものの、気温は21度、路面温度33度のドライコンディションで60分のセッションがスタート。ピットレーン出口にグリーンシグナルが灯ると、マクラーレンのフェルナンド・アロンソが先頭にコースへ飛び出していった。

 まずはフェラーリのキミ・ライコネンがウルトラソフトタイヤで1分5秒839をマーク。コースをほぼ占有する形でそのまま走行を続けたライコネンは、1分4秒937までタイムを上げてピットインした。

 セッション開始10分を過ぎると、徐々にコース上にマシンが増え始めた。ベッテルやメルセデス勢がタイムを更新し合い、バルテリ・ボッタスが1分4秒594をトップタイムとした。

 初日から9・10コーナー外側の縁石でダメージを負うマシンが続出したが、このセッションもブレンドン・ハートレー(トロロッソ)やストフェル・バンドーン(マクラーレン)がフロントウイングを破損させてしまった。

 走行が折り返しを過ぎる頃には、ライコネンがニュータイヤを投入し最速ペースを記録しながらコースオフする場面も。改めてのアタックで1分4秒470までタイムを上げ、トップに浮上した。これに続く形でベッテルやボッタスもタイヤをリフレッシュ。ここではベッテルが上回り、1分4秒070をマーク。新たなコースレコードを樹立した。

 少し遅れて新品タイヤを投入したハミルトンは、ベッテルに0.029秒及ばず。レッドブル勢もタイム更新を狙うが、マックス・フェルスタッペンは電気系統のトラブルに見舞われたか、パワーユニットが突然シャットダウン。コースサイドにマシンを止め、一足早く走行を終えることになってしまった。

 終盤には、中団チームが予選シミュレーションを実施。各車が続々とタイムを更新していった。しかしセッション終了間際、シャルル・ルクレール(ザウバー)がピットアウト直後にマシンを止めた。どうやらトラブルの前兆を感じ取り、自らマシンを止めたようだ。

 結局、ベッテルがトップでセッション終了。2番手のハミルトンとはわずか0.029秒差と、かなりの接戦だ。3番手にはボッタス、4番手にライコネンが続いた。

 レッドブルは彼らとは少し水を空けられ、フェルスタッペンがトップから0.721秒差の5番手、ダニエル・リカルドが6番手だった。

 中団チームの争いは、ハースが一歩抜け出したような形。特にロマン・グロージャンはリカルドまで0.025秒差に迫った。

 Q3進出を争う10番手付近は大接戦。8番手のケビン・マグヌッセン(ハース)から12番手のピエール・ガスリー(トロロッソ・ホンダ)まで0.25秒ほどの差。予選はミスの許されない争いとなりそうだ。

【リザルト】第9戦オーストリアGP:フリー走行3回目

次の記事
オーストリアFP3速報:ベッテルが首位。トロロッソのガスリー12番手

前の記事

オーストリアFP3速報:ベッテルが首位。トロロッソのガスリー12番手

次の記事

ルクレール、ギヤボックス交換により5グリッドペナルティが確定

ルクレール、ギヤボックス交換により5グリッドペナルティが確定
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント オーストリアGP
執筆者 松本 和己