ベッテル、痛恨の3グリッド降格。サインツJr.の走行を妨害との裁定

シェア
コメント
ベッテル、痛恨の3グリッド降格。サインツJr.の走行を妨害との裁定
Valentin Khorounzhiy
執筆: Valentin Khorounzhiy
協力: Scott Mitchell
翻訳:: 松本 和己
2018/06/30 18:06

ベッテルは、オーストリアGP予選Q2でサインツJr.のアタックを妨害したとして、3グリッド降格ペナルティを科せられた。

Sebastian Vettel, Ferrari
Third place Sebastian Vettel, Ferrari SF71H in parc ferme
Sebastian Vettel, Ferrari SF71H
Carlos Sainz Jr., Renault Sport F1 Team R.S. 18
Carlos Sainz Jr., Renault Sport F1 Team R.S. 18, leads Pierre Gasly, Toro Rosso STR13
Sebastian Vettel, Ferrari SF71H
Sebastian Vettel, Ferrari SF71H
Carlos Sainz Jr., Renault Sport F1 Team R.S. 18

 オーストリアGP予選で3番手を獲得したセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)だったが、予選Q2でカルロス・サインツJr.(ルノー)のアタックを妨害したとして、3グリッド降格ペナルティを科せられた。これにより、決勝は6番グリッドからスタートすることになる。

 サインツが予選Q2のラストアタックに向かった際、ベッテルは1コーナー出口のレコードライン上でスロー走行。接触を避けるため、サインツは縁石を超えてアウト側に回避行動をとった。

 コースに合流したサインツは、ベッテルの横にマシンを並べ、手振りで抗議。無線ではチームに「彼を避けるために縁石を超えて避けなければならなかった。クラッシュするところだった」と報告した。その後、両者はQ3に進出しベッテルは3番手、サインツは9番手となった。

「最終的には、僕の予選結果にはそれほど影響がなかった」と、サインツは話した。

「でも、フロントウイングにダメージを負ってしまった。お金もかかるし、修理作業にも時間がかかる。ウイングがそれまでと同じように機能するかどうかも分からない。それほど影響は出なかったけどね」

「単純に、彼は僕を見てなかったんだと思う。彼がわざとやってたとは思ってない。無線で警告されていなかったんだろう」

 予選後の記者会見で、ベッテルは後ろでアタックに入っていたサインツの存在を知らされていなかったと認めた。

「僕のアタックラップで、7コーナーと8コーナーの間で彼を追い越した。それからメインストレートで後ろを見たけど、彼は見えなかったんだ」

「1コーナーを曲がって、もう一度確認しようと思っていた。彼が近くにいるかもしれないと思ったからだ。彼がピットに入ったのか、アタックを始めたのか知らなかったからね」

「彼は見えなかったし、ラジオでも言われなかった。でも僕は、彼に謝ることはできる」

「僕は自分のラップが終わって、1コーナーを曲がった後で確認するつもりだった。ミラーには何も映らなかったけど、リプレイを確認したら、僕たちはサイド・バイ・サイドだった」

 しかしながらスチュワードは、ベッテルの確認が不十分だったと判断したようだ。スチュワードによる裁定は以下の通りだ。

「無線での注意喚起はなかったものの、カーNo.5のドライバー(ベッテル)は、ミラーの後方視界に問題があることを認識しており、予選中のスローダウンラップでレーシングライン上をスロー走行するべきではなかった」

「2016年以降の全ての走行妨害の事例を踏まえ、ペナルティは他の類似ケースと同様、3グリッド降格とする」

 グリッド降格と同時に、ベッテルはペナルティポイント1点を付与されており、現在のペナルティポイントは計4点となっている。

次の記事
オーストリア予選:ボッタス、コースレコード更新で今季初PP獲得

前の記事

オーストリア予選:ボッタス、コースレコード更新で今季初PP獲得

次の記事

予選12位のガスリー「全体的には満足だが、最高速がまだ足りない」

予選12位のガスリー「全体的には満足だが、最高速がまだ足りない」
Load comments