F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
51 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
65 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
79 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
93 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
100 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
114 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
128 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
135 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
149 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
156 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
170 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
184 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
212 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
219 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
233 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
240 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
254 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
268 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
275 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
289 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
303 days

F1アゼルバイジャンFP2:フェラーリワンツー発進。フェルスタッペン4番手、トロロッソ6番手&8番手と好調

シェア
コメント
F1アゼルバイジャンFP2:フェラーリワンツー発進。フェルスタッペン4番手、トロロッソ6番手&8番手と好調
執筆:
2019/04/26 14:51

F1第4戦アゼルバイジャンGPのフリー走行2回目が行われた。トップタイムを記録したのはフェラーリのシャルル・ルクレールだった。

 F1第4戦アゼルバイジャンGPの金曜フリー走行2回目が行われ、シャルル・ルクレール(フェラーリ)がトップタイムを記録した。タイムは1分42秒872だった。

 同日に行われたFP1では、コース上のマンホールの固定が緩むという安全上の問題が発生し、本来90分のセッションが12分ほどで終了となってしまった。そのため、このFP2では各チームがタイトなスケジュールで様々な確認をこなす必要が出てきてしまった。

 セッションが開始すると、各車FP1での遅れを取り返さんとばかりに続々とピットアウト。FP1で負ったダメージでシャシー交換を強いられ、FP2欠場が決まったジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)を除いた19台が、開始から5分前後で走行を開始した。

 真っ先にコースインしたメルセデスの2台は、お互いにスリップストリームを使いながらランデブー走行をする。しかし昨年のアゼルバイジャンGPで勝利を逃し、リベンジを誓うバルテリ・ボッタスは何度かタイヤをロックさせながらエスケープゾーンへと回避する光景が見られた。

 タイヤはダニエル・リカルド(ルノー)がソフトタイヤ、ダニール・クビアト(トロロッソ)がハードタイヤを装着している以外は全車ミディアムタイヤを装着。まずはミディアムタイヤでの連続走行で、確認作業を行ったようだ。

 開始15分、ランス・ストロール(レーシングポイント)がターン2でエスケープへ回避しきれずクラッシュ。セッションは赤旗中断となり、貴重な走行時間がまたしても削られてしまう格好となった。

 上位陣のタイムは、シャルル・ルクレール(フェラーリ)が1分44秒748でトップ。2番手のルイス・ハミルトン(メルセデス)以下を1秒近く離し、速さをアピールした。

 なお、クビアトはこの時点でまだタイムを計測しておらず、ピットではメカニックが忙しく作業している姿が映し出されていた。チームはステアリングシステムに問題が発生したと公式ツイッターで発表している。

 10分強の中断を経てセッションが再開。ここからは各車ソフトタイヤにスイッチしコースへと出ていくが、ミディアムタイヤを1セットしか持ち込んでいないリカルドは引き続きソフトタイヤで周回を重ねた。

 タイヤをソフトに変えてもフェラーリ勢のタイムが目立つ。セッション折り返しの時点で、ルクレールが1分42秒872、ベッテルが1分43秒196をマークし、上位を独占。対するメルセデスはハミルトンが1分43秒541、ボッタスが1分44秒003と遅れをとった。

 そんな中、中団勢で気を吐いたのがアレクサンダー・アルボン(トロロッソ)だった。アルボンは他車のスリップを駆使してセクター3で全体ベストタイムを記録し、1分44秒216で5番手につけた。タイムが伸びていなかったレッドブル勢も、マックス・フェルスタッペンが1分43秒793を記録し4番手と、メルセデス勢の間に入った。

 残り40分を切ったタイミングで、クビアトがソフトタイヤを履いてコースへ。残り30分の段階で1分44秒177を記録し、アルボンを上回って6番手につけた。しかし残り25分、クビアトはターン7の出口で姿勢を乱しクラッシュ。このセッション2度目の赤旗が振られた。

 8分間の中断の後、走行再開。残りの17分は、フェラーリをはじめ2台でタイヤ選択を分けるチームが多く見られ、各車がロングランを行いセッションが終了した。

 トップタイムはルクレール、2番手にベッテルと、結果的にフェラーリのワンツーとなった。フェラーリの好調ぶりをうかがわせる結果とも見えるが、中国GPではFP1で速さを見せながらも以降のセッションでメルセデスの後塵を拝しており、まだ今回の勢力図を読むには時期尚早と言えるだろう。

 メルセデスはハミルトンが3番手、ボッタスが5番手。そこにレッドブルのフェルスタッペンが割って入る格好となった。フェルスタッペンのチームメイト、ピエール・ガスリーは9番手だった。

 中団勢はトロロッソが大健闘。クラッシュを喫したクビアト6番手、アルボンが8番手につけた。他にはマクラーレンも2台がトップ10に食い込んでおり、ベスト・オブ・ザ・レストを巡る争いはこの2チームによって繰り広げられるかもしれない。

→【リザルト】F1アゼルバイジャンGP:フリー走行2回目タイム結果

次の記事
F1アゼルバイジャンFP2速報:ルクレール首位。レッドブルはフェルスタッペン4番手

前の記事

F1アゼルバイジャンFP2速報:ルクレール首位。レッドブルはフェルスタッペン4番手

次の記事

【動画】F1アゼルバイジャンGPフリー走行2回目ハイライト

【動画】F1アゼルバイジャンGPフリー走行2回目ハイライト
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第4戦アゼルバイジャンGP
執筆者 戎井健一郎