メルセデス、リカルドの追い抜きは”ボッタスの賢い協力があってのもの”

メルセデスのトト・ウルフは、リカルドのオーバーテイクにはボッタスの”協力”があったと考えている。

 メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは、中国GPでダニエル・リカルド(レッドブル)がバルテリ・ボッタスを追い抜いた際、ボッタスがスペースを残すという”賢い協力”があったと考えている。

 中国GPの決勝レース中盤にセーフティカーが出動した際、レッドブルはリカルドとマックス・フェルスタッペンをピットに入れるというギャンブルに出た。ここで両者は前を走るメルセデスとフェラーリよりも新しいタイヤを履き、その後プッシュすることに成功。フェルスタッペンはクラッシュを喫し表彰台を逃したものの、リカルドは逆転優勝を飾った。

 リカルドは印象的な走りを見せて、フェラーリの2台とルイス・ハミルトン(メルセデス)をオーバーテイクし2番手まで浮上。そして残り12周となったところで、ターン6でバルテリ・ボッタス(メルセデス)のインに飛び込むほぼ完璧なオーバーテイクを決めてトップの座を奪った。

 ウルフは、リカルドのドライビングは素晴らしいものであることを認めたが、”厳しい”追い抜きが成功したのは、ボッタスの賢い協力があったからだと指摘した。リカルドの飛び込みを考えると、もしもボッタスが彼に対してスペースを残していなかったら、両者は接触していただろうと彼は考えている。

「ダニエルは素晴らしいドライバーのひとりだ。彼はまたしてもそれを証明した」とウルフは話した。

「彼は非常に有能で、チャンスが来るのを待っていた。そして必要とあらばアグレッシブに走った。彼にとっては良いレースだっただろう」

「おそらく、バルテリに対する”作戦(=オーバーテイク)”は……少し厳しいものだった。しかしその作戦は機能するのだということを示した。彼は接触を避けようとしたバルテリに助けられた。だがそれもレースだ」

 また彼は、中国GPでのボッタスのパフォーマンスは、厳しい週末を過ごしたメルセデスのクルーにとっての”希望の光”であったと語った。

「唯一ポジティブだったことは、バルテリのレースだ」

「非常に素晴らしいもので、ミスもなかった。ただセーフティカーは不運だった」

「リカルドのオーバーテイクに関しても、もしバルテリが”ドア”を開かなければ、リカルドは彼に接触していた」

「彼は唯一レースでミスをしなかったドライバーだ」

 一方ボッタスによると、少し”ドア”を開けていたのは、ターン6の出口で妥協したくないと望んでいたことと、いずれにせよリカルドが攻めて来るという必然性の組み合わせによるものだったという。

「彼は素早く近づいてきた。ペース差も大きかった」とボッタスは話した。

「今日(日曜日)の彼らには強力なマシンがあった。それに新しいタイヤを履いていたから、(オーバーテイクを仕掛けてくるのは)時間の問題だった」

「あのような状況だったので、僕はターン6でポジションを守ろうとしていた。もし彼が僕の後ろのラインを選んでいたら、間違いなく彼は(コーナーの)出口で僕を捉えようとするだろう」

「僕はポジションを守ろうとしていたものの、彼はイン側にスペースを見つけようとしていた。本当に時間の問題だった」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 中国GP
サーキット 上海国際サーキット
ドライバー ダニエル リカルド , バルテリ ボッタス
チーム メルセデス
記事タイプ 速報ニュース