ボッタス、1周目の接触により5秒加算ペナルティ。順位に変更はなし

シェア
コメント
ボッタス、1周目の接触により5秒加算ペナルティ。順位に変更はなし
Valentin Khorounzhiy
執筆: Valentin Khorounzhiy
2018/08/26 18:02

ボッタスは、ベルギーGPのオープニングラップでのシロトキンとの接触により、タイムペナルティとペナルティポイントが科された。

 メルセデスのバルテリ・ボッタスは、ベルギーGPの決勝レース1周目にセルゲイ・シロトキン(ウイリアムズ)と接触した件について、5秒のタイムペナルティとペナルティポイントを科された。

 決勝レースのスタート直後、ボッタスはターン1の進入時に目の前を走っていたシロトキンと接触。ボッタスはフロントウイングにダメージを負った。

 前方ではニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)、フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)、シャルル・ルクレール(ザウバー)が絡む大きなインシデントが発生したため、セーフティカーが出動した。このタイミングでボッタスもピットに入り、大きなタイムロスをすることなく作業を終えた。その後は隊列に復帰してオーバーテイクを連発。最終的に4位でレースを終えた。

 一方シロトキンのマシンは、外見的にはマシンに大きなダメージはないように見えた。シロトキンはそのままレースを走り切り12位でチェッカーを受けた。

 ボッタスとシロトキンの接触は他のドライバー対して大きな影響を与えることはなかったものの、FIAはレース後にボッタスを呼び出し、5秒のタイムペナルティを科した。

 ただ、ボッタスは5位のセルジオ・ペレス(レーシングポイント・フォースインディア)よりも7秒前でチェッカーを受けたため、このタイムペナルティによる順位の変更はない。

 スチュワードの裁定は、以下のとおりだ。

「カーナンバー77(ボッタス)は、完全に状況判断を誤り、カーナンバー35(シロトキン)のブレーキングには驚いたが、もっとマージンを設けるべきだったと、接触は自分の責任であることを認めた」

 さらにボッタスはペナルティポイントを2ポイント加算された。これでボッタスの累積ポイントは4ポイントになった。

次の F1 ニュース
多重事故引き起こしたヒュルケンベルグ、次戦モンツァで10グリッド降格

前の記事

多重事故引き起こしたヒュルケンベルグ、次戦モンツァで10グリッド降格

次の記事

ベルギー決勝:後半戦は波乱の幕開け。ベッテルが逆転で今季5勝目!

ベルギー決勝:後半戦は波乱の幕開け。ベッテルが逆転で今季5勝目!
Load comments