F1
R
第1戦オーストラリアGP
12 3月
-
15 3月
次のセッションまで……
51 days
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
58 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
72 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
86 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
100 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
107 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
121 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
135 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
142 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
156 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
163 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
177 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
191 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
219 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
226 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
240 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
247 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
261 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
275 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
282 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
296 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
310 days

ボッタス「両タイトル獲得のためならば、チームオーダーを受け入れる」

シェア
コメント
ボッタス「両タイトル獲得のためならば、チームオーダーを受け入れる」
執筆:
2018/08/31 23:42

ボッタスは、メルセデスが両方のタイトルを獲得するためにチームオーダーを受け入れるだろうと話した。

 メルセデスのバルテリ・ボッタスは、チームがドライバーズタイトルとコンストラクターズを獲得するために、必要とあらばチームオーダーを受け入れる姿勢であることを明かし、自分がタイトルを獲得できないのであれば、タイトル獲得の手助けをすることを厭わないと話した。

 今シーズンは未だ優勝を挙げることができていないボッタス。今季これまで様々なトラブルに見舞われ、既にドライバーズタイトル獲得の望みはほぼなくなってしまった。

 チームメイトであり、ドライバーズランキング首位のルイス・ハミルトンとは現在87ポイント差だ。またランキング4位のボッタスとハミルトンの間には、フェラーリのセバスチャン・ベッテルとキミ・ライコネンがそれぞれ2位、3位に入っている。それゆえメルセデスは、今週末のイタリアGP以後はタイトル獲得のためにチームオーダーを出すことも検討しているようだ。

 これについてボッタスは、「もし状況が明確になれば、チームが両方のタイトル(ドライバーズとコンストラクターズ)を勝ち獲るために、それがベストだと僕も理解するだろう」と話した。

「そのような状況に立たされることは誰も望んでいないし、ドライバーとしてそのような立場にいることも望まない。だけど自分がタイトルを獲れないという状況になったら、もちろん僕は手助けをすることを厭わない」

 この数年メルセデスはドライバーのふたりに対し、お互いに自由にレースをさせるという方針を採っている。よく知られているように、ハミルトンとかつてのチームメイトであるニコ・ロズベルグは、タイトル争いを通して何度も衝突していた。

 しかし昨シーズンからフェラーリが脅威的な存在となって以降、メルセデスは必要に応じて、その状況に適応するという方向性を示してきた。

 ボッタスは、ドイツGPでチームオーダーに関する疑問に直面しなければならなかった。この時は先頭を走っていたベッテルがリタイアし、ハミルトンがトップに浮上。ボッタスはハミルトンに挑もうとするも、最終的にはチームからポジションを維持するよう指示を受けた。

 またハンガリーGPでは、チーム代表のトト・ウルフがフェラーリの2台を押さえきったボッタスのことを”素晴らしいサポート役”だと発言し、ボッタスはそれに対して「自分はサポート役ではない」と主張していた。なお、ハンガリーGPでの件については、のちにウルフが自身の発言を弁明している。

 しかしメルセデスの画策によってこういった事例が生まれたのではなく、その時々の状況の結果であり、ボッタスは自分が不平等な扱いを受けることはないと考えている。

「もし(イタリアGPで)僕にレースに勝てるだけのペースと純粋なスピードがあるのならば、僕はチームがその状況を考慮するだろうと思っている」

「どのような場合であれ、自分が優勝できる時に、レースに勝つ自由を完全に失うことになるとは考えていない」

「僕がポイントを奪ったり、ルイスがポイントを失うことを避けるための明確な方法があるかどうかは、状況次第だ」

「僕はチームを信頼している。彼らは僕を大いに尊重してくれるし、ふたりのドライバーに対してそうしてくれる。チームがあまりにも手厳しい対応をすることはないだろう」

次の記事
アロンソ、9月に2018年仕様のインディカーマシンを非公開でテスト

前の記事

アロンソ、9月に2018年仕様のインディカーマシンを非公開でテスト

次の記事

【動画】F1第14戦イタリアGPフリー走行1回目ハイライト

【動画】F1第14戦イタリアGPフリー走行1回目ハイライト
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Scott Mitchell