F1
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
28 8月
イベントは終了しました
17 8月
イベントは終了しました
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
19 days
23 10月
次のセッションまで……
33 days
31 10月
次のセッションまで……
41 days

フェルスタッペンの“余裕を感じさせる無線”は、シューマッハーを彷彿とさせる?

シェア
コメント
フェルスタッペンの“余裕を感じさせる無線”は、シューマッハーを彷彿とさせる?
執筆:
, Grand prix editor

ロス・ブラウンは、マックス・フェルスタッペンが見せる脅威的なパフォーマンスは、ミハエル・シューマッハーを思い出させるものだと語った。

 近年圧倒的な強さを誇るメルセデスF1チームにシーズン初黒星を付けたのは、今年もマックス・フェルスタッペン(レッドブル)だった。彼は第5戦F1 70周年記念GPで4番グリッドからスタートすると、タイヤの摩耗に苦しむメルセデス勢を尻目に、完璧なタイヤマネジメントを見せて首位を奪うと、そのままトップチェッカー。今年こそメルセデスのシーズン全勝か……という空気感さえ漂う中で見事に勝利を挙げた。

Read Also:

 そんなフェルスタッペンを、F1のモータースポーツ部門のマネージングディレクターであるロス・ブラウンは絶賛。ブラウン曰く、フェルスタッペンのパフォーマンスは、かつて7度のF1王者に輝いたミハエル・シューマッハーを思い出させるものだという。

 ブラウンはかつてテクニカルディレクターとしてベネトン、そしてフェラーリに在籍した経験があるが、そこではいずれもシューマッハーとタッグを組み、彼の7度のタイトル獲得に大きく貢献してきた。

 シューマッハーはキャリアの中で、必ずしもベストマシンを手にした訳ではない。ベネトンでの初戴冠も当時最強と言われていたウイリアムズ・ルノーを下してのものであり、その後もウイリアムズ、マクラーレンなど、その年のベストマシンを相手に脅威的なパフォーマンスを見せてきた。ブラウンはそんなシューマッハーと、今のフェルスタッペンが重なって見えるようだ。

 ブラウンはレース後のコラムの中で次のように綴っている。

「マックスはシルバーストンでセンセーショナルな走りをした」

「彼はいろんな点でミハエル・シューマッハーを思い出させる。無線を聞いていると、彼には明らかに余裕がある」

「マシンの限界は、マックス・フェルスタッペンの限界ではない。彼はマシンの繊細さを感じ取り、完璧に対応することができる。私はマックスのF1キャリア初期を覚えているが、その速さは明らかだった。そして今、彼は並外れたレーシングドライバーに成長した」

「彼の無線はとても気に入っている。特に、タイヤをマネジメントするよう指示された時に『おばあちゃんのようには走りたくない』と言ったのは印象的だった」

「それは大きな自信と、チームとの強力な関係を示している」

 

Read Also:

ロイ・ニッサニー、スペインGPのFP1でウイリアムズをドライブ

前の記事

ロイ・ニッサニー、スペインGPのFP1でウイリアムズをドライブ

次の記事

アロンソ、インディ500挑戦は当面今年が最後?「F1復帰後の挑戦は難しい」

アロンソ、インディ500挑戦は当面今年が最後?「F1復帰後の挑戦は難しい」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Luke Smith