ハートレー、決勝レースに向けて新しいPU&ギヤボックスを投入

シェア
コメント
ハートレー、決勝レースに向けて新しいPU&ギヤボックスを投入
Scott Mitchell
執筆: Scott Mitchell
2018/05/13 12:34

ブレンドン・ハートレーは、スペインGPの決勝レースに向けて新しいパワーユニットとギヤボックスを投入することになった。

Pierre Gasly, Toro Rosso STR13
Pierre Gasly, Toro Rosso STR13
The crashed car of Brendon Hartley, Scuderia Toro Rosso STR13 is recovered in FP3
Charlie Whiting, FIA Delegate observes the crash site of Brendon Hartley, Scuderia Toro Rosso STR13
The crashed car of Brendon Hartley, Scuderia Toro Rosso STR13 is recovered

 土曜日のフリー走行でマシンを大破させてしまったトロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレーは、スペインGPの決勝レースに向けて、パワーユニットの全コンポーネントとギヤボックスを交換した。

 ハートレーは、フリー走行3回目の終盤にターン9の入り口で芝生に乗ってしまい、高速でスピンしてしまった。そのままマシンのリヤ側からウォールにクラッシュし、マシンは大破。この影響により、彼は予選に出走することができなかった。

 マシンの修復は済んだものの、ハートレーはパワーユニットを新しいものに交換し、またギヤボックスも交換したとのことだ。

 今回彼はICE(内燃エンジン)、MGU-H、MGU-K、ターボチャージャー、コントロールエレクトロニクス、エナジーストアと全コンポーネントをを交換したため、今後のレースに影響を及ぼす可能性がある。

 ハートレーはすでに開幕戦でMGU-Hとターボチャージャーを交換していたため、スペインGPで使用するMGU-Hとターボチャージャーは3基目である。このふたつのエレメントは、1年間に使用できる基数が3と決められており、ドライバーはそれを遵守しなければならない。つまりホンダがアップデートを投入し、新しいMGU-Hとターボチャージャーを使用することになった際には、ペナルティを受けることになる。

次の記事
ホンダ田辺TD「クルマの感触は明らかに良くなっている。決勝に繋がる」

前の記事

ホンダ田辺TD「クルマの感触は明らかに良くなっている。決勝に繋がる」

次の記事

フェラーリの”ミラー補強用”ウイングレット、次戦から使用禁止に

フェラーリの”ミラー補強用”ウイングレット、次戦から使用禁止に
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント スペインGP
ロケーション サーキット・デ・カタルニア
チーム トロロッソ 発売中
執筆者 Scott Mitchell