F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
50 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
64 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
78 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
92 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
99 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
113 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
127 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
134 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
148 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
155 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
169 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
183 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
211 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
218 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
232 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
239 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
253 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
267 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
274 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
288 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
302 days

「マクラーレンが復活すれば……」アロンソのF1復帰を確信するバトン

シェア
コメント
「マクラーレンが復活すれば……」アロンソのF1復帰を確信するバトン
2018/08/19 22:36

ジェンソン・バトンは、マクラーレンが復活すれば、フェルナンド・アロンソは間違いなくF1に復帰するだろうと語る。

 ジェンソン・バトンは、今季限りでF1を退くと決めた元チームメイトのフェルナンド・アロンソについて、マクラーレンが復活を遂げるならば再びF1に復帰するだろうと信じている。

 来季F1でレースをしないことを決めたアロンソは、2015年にマクラーレンに復帰し、今年で4シーズン目を過ごしている。しかし、低調だったマクラーレンのマシンパフォーマンスも相まって、勝利はおろか表彰台フィニッシュも叶っていない。

 そのアロンソは、来季F1に参戦しないことを発表したリリースの中で次のようにコメントし、将来F1に復帰する可能性を残している。

「僕は、マクラーレンが将来強くなることを知っている。その時は僕にとって、F1に復帰する良いタイミングかもしれない」

 バトンも2年前に同じような状況でF1を離れた。彼は昨年のモナコGPの際、インディ500に参戦するため欠場したアロンソの代役を務めたが、完全に復帰することを求めていない。

 しかしバトン曰く、もし競争力のあるシートを手にできるなら、アロンソはF1に復帰することになるだろうと確信しているという。

「F1を離れることを選択した時、それはいつも個人に委ねられる」

 そうバトンは語った。

「彼(アロンソ)は僕と同じことをしている。一度F1を離れるが、1年後、再び戻ってこられるように。それは正しい選択だと思う」

「マクラーレンが速くなり、レースに勝つことができるならば、彼はF1に戻ってくるだろう。絶対にね」

「世界中すべてのドライバーは、F1で勝てるマシンに乗りたいと思っている。移動やそのストレスに疲れ、結果が出ないのであれば、F1にとどまる理由はない」

「もしクルマが速ければ、2020年には彼は戻りたいと思うだろう」

 アロンソはF1を退く決断をした理由について、マクラーレンのマシンのパフォーマンス不足ではなく、コース上での戦いが少ないからだと主張した。しかしバトンは、この主張に疑問を呈した。

「彼のコメントは、『レースは退屈だ』という部分に関しては最高だとは言えないと思う。彼はWECでレースをしている。そして、彼にとっての競争相手は、チームメイトだけだ。僕の言いたいことの意味は分かるかい?」

「僕は、彼が今どんなところにいるか分かっている。彼が勝利のためにレースをしているのなら、彼はもっとそれを楽しめるだろうし、それを続けるはずだ。しかし彼のように複数回ワールドチャンピオンになり、中団争いで戦っているなら、しばらくすれば退屈になるだろうね」

 バトンはアロンソについて、「最も厳しいチームメイト」だったと表現した。

「彼は例外的な存在だ。2回ワールドチャンピオンになり、他にも何度かそれに近づいた。それができる人はあまりいない」

 そうバトンは語った。

「彼は僕にとって、最もタフなチームメイトだった。本当にそれを楽しんだよ」

「僕の亡くなった父も、フェルナンドをいつも尊敬していた。彼はいつも人格を見抜く力を持っていたんだ。そしてフェルナンドは、僕の父といつもうまくやっていたんだ」

次の記事
標準パーツ導入に賛同するルノー。「不正防止に役立つ」と意味深コメント

前の記事

標準パーツ導入に賛同するルノー。「不正防止に役立つ」と意味深コメント

次の記事

資金力ゼロで生き残ってきた……ヒュルケンベルグ、自身のキャリアに自信

資金力ゼロで生き残ってきた……ヒュルケンベルグ、自身のキャリアに自信
コメントを読み込む