カルデロンが再びF1マシンをドライブ。フィオラノで2日間のテストへ

シェア
コメント
カルデロンが再びF1マシンをドライブ。フィオラノで2日間のテストへ
Pablo Elizalde
執筆: Pablo Elizalde
2018/11/18 1:40

タチアナ・カルデロンは今週末、フィオラノ・サーキットで再びザウバーのマシンをドライブして2日間のテストを行う。

 ザウバーの開発/テストドライバーを務める女性ドライバー、タチアナ・カルデロンは、今週末フェラーリのテストコースであるフィオラノ・サーキットにてF1マシンを走らせている。

 カルデロンがドライブするマシンは、ザウバーの2013年型マシン『C32』で、V8エンジンを搭載したものだ。彼女はメキシコGPの後に今年のマシン『C37』をドライブしており、F1マシンのドライブはこれで2回目となる。

 ザウバーは今回のテストについて、”彼女の学習プロセスと成長において、前に進むための素晴らしい機会を象徴するものになるだろう”とコメントしている。

 カルデロンは、「F1マシンでデビューを果たした後、これほど早くもう一度F1マシンに乗れるというのは、素晴らしいことです」と話した。

「C32に乗って2日間のテストを行うことになっているので、このステップは本当に特別なものです」

「さらなる経験を積み、これらのマシンについてもっと多くのことを学ぶことができるので、エキサイティングなものになるでしょう」

 またザウバーのチーム代表を務めるフレデリック・バスールは、次のように語った。

「フィオラノでの2日間のテストにタチアナ・カルデロンを起用することになり、我々は嬉しく思っている。先日のイベントでは、彼女の熱心さ、集中力、スキルに良い印象を受けた」

「我々は、タチアナが最高レベルでマシンをドライブするために必要なものを持っていると確信している。次のテストで彼女の進歩と、経験の積み重ねが見られることを楽しみにしている」

次の記事
ジェンソン・バトンが語る山本尚貴(1)「彼はF1をテストしてみるべき」

前の記事

ジェンソン・バトンが語る山本尚貴(1)「彼はF1をテストしてみるべき」

次の記事

メルセデス代表、フェルスタッペンは将来の王者と賞賛も「まだ成長の途中」

メルセデス代表、フェルスタッペンは将来の王者と賞賛も「まだ成長の途中」
Load comments

この記事について

シリーズ F1
ドライバー Tatiana Calderon
チーム ザウバー
執筆者 Pablo Elizalde