ガスリー、ポイント獲得ならずもホンダPUに好印象「今後が楽しみ!」

シェア
コメント
ガスリー、ポイント獲得ならずもホンダPUに好印象「今後が楽しみ!」
2018/06/11 3:41

カナダGPを11位で終えたガスリーは、ポイントこそ得られなかったものの、レースには満足していると語った。

Pierre Gasly, Scuderia Toro Rosso STR13
Pierre Gasly, Toro Rosso STR13
Pierre Gasly, Toro Rosso STR13
Pierre Gasly, Toro Rosso STR13
Fernando Alonso, McLaren MCL33, battles with Marcus Ericsson, Sauber C37 and Pierre Gasly, Toro Rosso STR13
Kevin Magnussen, Haas F1 Team VF-18, leads Pierre Gasly, Toro Rosso STR13
The Pierre Gasly Toro Rosso STR13 is attended to by mechanics on the grid
Pierre Gasly, Scuderia Toro Rosso STR13 pit stop
Pierre Gasly, Toro Rosso STR13

 カナダGPを19番グリッドからスタートし、11位でフィニッシュしたピエール・ガスリー(トロロッソ)。ポイントこそ獲得できなかったものの、ホンダの新しいパワーユニット(PU)に好印象を抱いたようだ。

 ホンダは、カナダGPにICE(内燃機関)を中心としたアップグレードを持ち込んだ。ガスリーはMGU-K以外の5エレメントを交換したが、FP3でトラブルが発生。分析のための時間がなく、ガスリーは旧型PUで予選を戦ったが、Q1で敗退し16番手となっていた。

 分析の結果、新スペックのPUで決勝を戦うことができるとチームとホンダは判断。ICEのみ4基目を投入したため、ガスリーはグリッド降格ペナルティを受け、19番手から決勝に臨んだ。

 ケビン・マグヌッセン(ハース)やセルジオ・ペレス(フォースインディア)をオーバーテイクし、ポジションを上げていったガスリーは、10位となったシャルル・ルクレール(ザウバー)を抜きあぐね、最終的に11位でフィニッシュ。ポイントこそ獲得できなかったものの、彼はレースに満足しているようだ。

「全体的に、本当に良いレースだったと思う。最後列からスタートして、たくさんポジションを上げることができた。ポイントにかなり近づいたけど、ポイントを獲得するのはいつも難しいことなんだ!」

 そうガスリーはチームのプレスリリースにコメントした。

「何度かシャルルに接近したけど、フロントタイヤにダメージを負ってしまって、最終的にパスするのが難しくなってしまった」

 カナダGPの舞台であるジル・ビルヌーブ・サーキットは典型的なストップ&ゴータイプのサーキットであり、PUのパワーがラップタイムに寄与する割合が高い。ガスリーは、そんなサーキットでオーバーテイクできたことから、ホンダのアップグレードに手応えを感じたようだ。

「新しいパワーユニットは上手く機能しているように思う……ストレートで何台か抜くことができたんだ。だから、今後のレースに期待している。ホンダはカナダにアップグレードを持ち込むために一生懸命頑張ってくれた。彼らは素晴らしい仕事をしたよ!」

「すべてをまとめて、一貫性を見出す必要がある。次のレースは僕のホームグランプリだ。母国でレースをすることに、とても興奮している」

 次戦フランスGPは2週間後の6月22日(金)〜24日(日)に開催。フランスGPとしては2008年以来10年ぶり、ポール・リカールでのF1は1990年以来となる。

次の記事
トロロッソ代表「今回より良いパフォーマンスを、次戦で発揮できる」

前の記事

トロロッソ代表「今回より良いパフォーマンスを、次戦で発揮できる」

次の記事

日本GPでのデモランマシン&ゲスト追加発表。鈴鹿開催30回記念

日本GPでのデモランマシン&ゲスト追加発表。鈴鹿開催30回記念
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント カナダGP
ロケーション サーキット・ジル・ビルヌーブ
ドライバー ピエール ガスリー
チーム トロロッソ 発売中