ホンダ田辺TD「残念な結果だが、PUはこれまでのところスムーズ」

ホンダの田辺豊治テクニカルディレクターは、中国GPの予選を終えてPUはこれまでのところ全てがスムーズに進んでいると語った。

 前戦バーレーンGPではピエール・ガスリーがQ3に進出し、4位という好結果を獲得したトロロッソ・ホンダ。中国GPの予選ではガスリーがQ1で敗退を喫し17番手。ブレンドン・ハートレーはQ2に進出したものの、15番手となった。

 この日の走行について、ホンダのF1テクニカルディレクターである田辺豊治氏は、次のようにチームのプレスリリースにコメントを寄せた。

「総合的にチームにとって残念な結果でしたが、ブレンドンはうまくQ2に進みました」

 中国では低い気温と強風に悩まされているが、これまでのところ、パワーユニットは問題なく機能しているという。

「パワーユニットの面では、これまでのところ全てがスムーズに進んでいます」

 トロロッソ・ホンダは週末を通してスピードトラップ上位に名を連ねており、初日はガスリーがウルトラソフトタイヤで20周以上のロングランを実施している。僅差の中団争いでこのふたつは武器になりうるはずだ。

 田辺氏も、データを分析し決勝につなげたいと語った。

「明日のレースを素晴らしいものにするために、データを調査する予定です」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 中国GP
サーキット 上海国際サーキット
記事タイプ 速報ニュース