ルノー、”足並み揃った”ドライバー賞賛「マシン開発に大いに役立つ」

ルノーは、ヒュルケンベルグとサインツJr.の足並みが揃っており、今シーズンのマシン開発に大きく役立っていると語った。

 ルノーのチーフテクニカルオフィサーであるボブ・ベルは、ニコ・ヒュルケンベルグとカルロス・サインツJr.は優秀なドライバーであり、ふたりの足並みが揃っているのでマシン開発をしやすいと述べた。

 2017シーズンからルノーのドライバーとして戦っているヒュルケンベルグと、シーズン途中にルノーへ加入したサインツJr.が、チームメイトとしてフルシーズンを戦うのは今年が初めてのことである。

 ヒュルケンベルグは非常に力強いシーズンスタートを切っており、開幕3戦を終えてサインツJr.を上回る結果を残している。現在は22ポイントを獲得してランキング7位につけている。一方サインツJr.は、3ポイントを獲得し、ランキング12位となっている。

 ベルは、両ドライバーが今季のマシン『RS18』の開発に大いに役に立っていると話した。

「彼らは優秀なドライバーだ」

「マシンについて話している内容は、完全に足並みが揃ったものだ。もちろん、裏で申し合わせをしているのではない」

「マシンには明確な欠点があったのだが、彼らはそれに気が付き、レース後に指摘してくれた」

「多くの欠点が共通だ。コーナーの入り口では神経質になり、コーナー通過中はアンダーステアで、出口ではトラクションが足りない。この症状がもっと酷いチームもあるようだが、特徴は似たようなものではないかと疑っている」

「ドライバーは優秀だ。マシンの問題について足並みが揃っているので、仕事がしやすい。彼らと仕事ができることを本当に嬉しく思う」

 ベルのコメントをヒュルケンベルグに伝えたところ、彼はこう話した。

「その通りだ。僕たちはマシンに対して同じことを望んでいるようだ」

「良いことだろう。ふたりのドライバーが同じようなことを求め、似たようなフィードバックを伝えるということは、チームにとっても問題に対処しやすくなる」

 サインツJr.との仕事に仕方については、次のように話した。

「問題ない。正直に言えば、プロセスはない。というのも、そういったものがなくてもうまく仕事ができるからだ」

「僕たちはふたりともそれぞれの仕事をしている。十分にプロフェッショナルであるし、お互いを尊敬している」

「チームのために、そして自分たちのキャリアのためにも、僕らは最高の仕事をしようとしている。完全にうまくやっている」

 ヒュルケンベルグはかつて、ウイリアムズ時代にルーベンス・バリチェロと、フォースインディアではポール・ディ・レスタやセルジオ・ペレスと、そしてザウバーではエステバン・グティエレスと仕事をし、ルノーに加入してからは昨シーズン途中までジョリオン・パーマーとチームメイトだった。

 彼は、過去のチームメイト全員と十分にうまくやってこれたと主張した。

「もちろん性格の違いはあるけど、過去のチームメイトは皆、苦労せずにやってこれた」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー カルロス サインツ Jr. , ニコ ヒュルケンベルグ
チーム ルノーF1チーム
記事タイプ 速報ニュース