F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
49 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
63 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
77 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
91 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
98 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
112 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
126 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
133 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
147 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
154 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
168 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
182 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
210 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
217 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
231 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
238 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
252 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
266 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
273 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
287 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
301 days

低迷続くマクラーレンにクルサード同情「時間はかかるが復活できる」

シェア
コメント
低迷続くマクラーレンにクルサード同情「時間はかかるが復活できる」
執筆:
2018/08/14 0:45

デイビット・クルサードは、古巣のマクラーレンは厳しいシーズンを過ごしているものの、時間はかかるが復活できるはずだと話した。

 イギリスのテレビ局『Channel 4』でF1の解説を務める元F1ドライバーのデイビッド・クルサードは、マクラーレンは期待を下回るシーズンを過ごしているが、復調できるはずだと考えている。

 クルサードは1996年から2004年までマクラーレンに在籍し、12勝を挙げた。そのマクラーレンは今年、低調なシーズンに耐えている。

 マクラーレンは今年からルノーのパワーユニットを使用しているが、それでも大きく前進することができず、7月には組織改革の一環でレーシングディレクターのエリック・ブーリエがチームを去った。また新たにスポーティング・ディレクターという役職を設け、ジル・ド・フェランを起用した。

 クルサードはブーリエの苦境に同情を示したが、マクラーレンはそのうちコース上で復活することができるだろうと話した。

「このような厳しい時間を過ごしている時は混乱しているものだ。だが常に、その人たち次第なんだ。つまりマシンをデザインして作り上げるパワーを持ち、リソースを好き勝手に使わず、悪用もせず、責任のある人たち次第だということだ」

「ロン・デニス(マクラーレンの元CEO)は、よく私に『自分はマシンをデザインしないし、作らないし、ドライブもしない。だから全てのエレメントに私の責任はない』と言っていたが、これはフェアなコメントだ」

「彼の責任は会社のビジョンにあった。スポンサーを獲得して、エンジニアたちが良いマシンを作るのに必要なリソースを用意していた」

「ザク(ブラウン/マクラーレン・レーシングCEO)やジル、素晴らしいレース精神を持った人たちがうまくやってくれることを願っている。だが時間がかかるだろう」

次の記事
ルノー、PU開発の遅れ認める「ライバルの開発能力を過小評価していた」

前の記事

ルノー、PU開発の遅れ認める「ライバルの開発能力を過小評価していた」

次の記事

ザウバー序盤の低迷は不慣れが原因?「僕のせい」とルクレール語る

ザウバー序盤の低迷は不慣れが原因?「僕のせい」とルクレール語る
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Jamie Klein