ガスリー、3番手タイムでテストを締めくくり「ラップタイムに満足」

トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは、自身にとってのテスト最終日に3番手タイムを記録。上々の締めくくりとなった。

 スペインのカタルニア・サーキットで行われているF1バルセロナ公式テスト3日目。トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは、STR13のステアリングを握り169周を走破。1分18秒363という3番手タイムを記録した。メルセデスやレッドブルが、下位のタイムしか記録しなかったとはいえ、上々の結果だったと言えるだろう。

 走行後のガスリーは、チームのプレスリリースに次のようにコメントを寄せた。

「チームにも、そして僕にとっても、計画していた全てを完了することができたので、生産的な1日だった」

 そうガスリーは語った。

「僕らは155周走ることを目標に設定していたけど、最終的には169周を走った。だから忙しい1日を過ごして僕にとってのテスト最終日を終えることができた」

 この日のガスリーは、テストで初めてウルトラソフトとハイパーソフトの”柔らかい”タイヤを装着した。

「今日僕は、ウルトラソフトとハイパーソフトを初めて使った。程度の差はあれ、これで全てのコンパウンドをカバーした。僕らは、分析すべきたくさんのデータを採ることができたと思う」

「これまでのラップタイムにはとても満足している。そして、今日を終えたことで、自分たちの位置が分かり始めてきたと思う。なぜなら誰もが、限界を攻め始めているからだ」

 この日3番手だったガスリー。しかしガスリー本人は、まだ慎重な姿勢を崩さない。

「今はあまり意味のないことであるとは分かっていても、テストの最終日を3番目に速いタイムで終えられたことに、とても満足している。開幕戦の予選が終わった時、初めて僕らがどこにいるのか分かるだろう」

 テスト最終日のトロロッソ・ホンダは、ブレンドン・ハートレーがドライブすることとなっている。

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 バルセロナF1公式テスト:後半
サブイベント Thursday
サーキット サーキット・デ・カタルニア
ドライバー ピエール ガスリー
チーム トロロッソ
記事タイプ 速報ニュース