ガスリー、スーパーフォーミュラ最終戦出走へ。アメリカGPの代役は未定

ピエール・ガスリーは、アメリカGPへの出走を断念し、スーパーフォーミュラの最終戦JAF鈴鹿GPに出走することになりそうだ。

ガスリー、スーパーフォーミュラ最終戦出走へ。アメリカGPの代役は未定

 トロロッソからF1デビューしたピエール・ガスリーは、アメリカGPには出走せず、スーパーフォーミュラの最終戦を走り、タイトル獲得を目指すことになりそうだ。

 昨年のGP2チャンピオンであるガスリーは、今季スーパーフォーミュラにフル参戦し、最終戦を残した段階で首位と0.5ポイント差のランキング2位につけている。それと並行して、マレーシアGPより、ダニール・クビアトを追いやる形でトロロッソからF1デビューを決め、先日の日本GPにも出走した。

 しかし、ガスリーが次戦アメリカGPに出走するかどうかは不透明だった。なぜなら、同日には鈴鹿サーキットでスーパーフォーミュラの最終戦が開催される予定となっており、ガスリーには今季のタイトルがかかっているからだ。ホンダの山本雅史モータースポーツ部長も、ガスリーがスーパーフォーミュラの最終戦に出走することを熱望していた。

 とはいえ日本GPを最後にカルロス・サインツJr.がルノーへ移籍することが決まったため、アメリカGPではクビアトがトロロッソに復帰。ガスリーも引き続きF1に参戦するものとみられていた。

 ただ、トロロッソのチーム代表であるフランツ・トストは、2番目のシートに別のドライバーを乗せることを希望しているという。2018年のラインアップに、そのドライバーが適しているかどうかを判断したいのだ。

 その結果、ガスリーはスーパーフォーミュラ最終戦への出場が可能になりそうだ。ただ、アメリカGP以降のメキシコ、ブラジル、アブダビの3レースについては、再びSTR12のステアリングを握ることになるとみられる。

 現時点では、クビアトのチームメイトとして誰がトロロッソのマシンをドライブするのか、明らかになっていない。

【関連ニュース】

シェア
コメント
アメリカGPからルノー移籍のサインツ。対ヒュルケンベルグの苦戦を覚悟

前の記事

アメリカGPからルノー移籍のサインツ。対ヒュルケンベルグの苦戦を覚悟

次の記事

ホンダからザウバー広報担当へ。糸賀晶子「F1でやり残した仕事がある」

ホンダからザウバー広報担当へ。糸賀晶子「F1でやり残した仕事がある」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ピエール ガスリー
チーム アルファタウリ・ホンダ
執筆者 Lawrence Barretto