ブレンドン・ハートレーが、アメリカGPでトロロッソをドライブか?

ブレンドン・ハートレーが、アメリカGPでトロロッソのマシンをドライブする最有力候補になっていることが分かった。

 今季ポルシェの一員としてWEC(世界耐久選手権)に参戦中のブレンドン・ハートレーが、アメリカGPでトロロッソのマシンをドライブする最有力候補になっていることが分かった。

 来週末に行われるF1アメリカGP。トロロッソはこのレースのドライバーを選択する作業を続けている。

 これまで、同チームのマシンをドライブしていたカルロス・サインツJr.は、アメリカGPからルノーに移籍することが決まった。また、マレーシアと日本でサインツJr.のチームメイトを務めたピエール・ガスリーは、アメリカGPと同じ週末に行われるスーパーフォーミュラの最終戦に出場することになるとみられるため、チームは交代要員としてふたりのドライバーを用意しなければならない。

 うちひとりは、マレーシアGP以降シートを失うことになってしまったダニール・クビアトが復帰を果たすことになる。もう一方のシートについてトロロッソのチーム代表であるフランツ・トストは、2018年のドライバーラインアップを評価する機会として活用したいと考えているようだ。

 その候補として急浮上してきたのが、ハートレーだ。トスト代表は、ハートレーが来季のドライバー候補になる可能性を秘めていると信じている。

 ハートレーは2009年と2010年に、レッドブルのリザーブドライバーを務めた。また2008年にはレッドブルで、2009年にはトロロッソで、それぞれF1テストドライブを担当している。しかしその後、レッドブルの育成プログラムから外れることになってしまった。その後は2012年にマニ・クールで行われたヤングドライバーテストにも参加してメルセデスのマシンを走らせると共に、同チームのシミュレータも経験している。

 ハートレーは、F1参戦に必要なスーパーライセンスを取得するためのポイントも十分に有している。しかし今季はポルシェと契約を交わして世界耐久選手権(WEC)に参戦中であり、今週末は富士スピードウェイを走っている。この富士のレースでは、今季のタイトルを決める可能性もある。またハートレーは、来年のインディカーに、チップ・ガナッシの一員として参戦する可能性も示唆されている。

 つまりトロロッソがハートレーをアメリカGPで起用するためには、それ以前に契約問題を解決しておく必要があるということを意味する。

 トロロッソとレッドブルは、ハートレーを起用できなかった場合の”代役”として、2009〜2011年にトロロッソのレギュラードライバーを務め、今季もリザーブドライバーの役を担っているセバスチャン・ブエミをスタンバイさせている。ブエミも、WECやフォーミュラEでの成績により、スーパーライセンスポイントを十分に保有している。

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー ブレンドン ハートレー
チーム トロロッソ
記事タイプ 速報ニュース