ホンダ、信頼性と性能の向上は”開発チームの再編”効果か?

ホンダは今シーズン、開発チームの組織を再編。この効果が徐々に現れ、パワーユニットの性能と信頼性を向上させることができたという。

 2015年シーズンにマクラーレンと共にF1に復帰してからすでに3シーズン目を迎えているホンダ。しかし同社のパワーユニットの性能と信頼性は不安定だった。

 ホンダは今シーズン前にエンジンのコンセプトを大幅に変更。シーズン前テストで信頼性に多くの問題が発生していたが、夏休み明けには徐々に改善の兆しを見せている。

 ホンダF1の長谷川祐介は、ホンダの開発部門の人材を増加させたことによって状況が改善し始めたと語った。

「信頼性は徐々に改善してきています。シーズン初めに組織を変更することを決定し、それが効果を発揮しています」

「我々は多くの問題を抱えていました。それを解決するためにエンジニアを増やし、さらにスタッフの一部を入れ替え、開発領域の組織変更を行いました」

「シーズン前に開発をスタートし、パフォーマンスを向上させる作業はこれまで8ヵ月間行ってきていますので、状況が改善してきているのは自然なことです」

 長谷川はシーズン開始時に行った再編の後、4月と5月にさくら研究所の組織を小変更したと語る。

「プロダクション部門のエンジニアを開発に回しました。しかし彼らが即戦力になることができないこと、効果が現れるまでに時間がかかることを我々は理解していました」

 日本GPではアロンソが20番グリッドからスタートし、11位でレースを終えた。ポイントを獲得することはできなかったものの、そのパフォーマンスは自信に繋がったと長谷川は語った。

「日本ではまずまずのパフォーマンスを発揮することができ、中団チームと争えました」

「我々はウイリアムズ、ハース、ルノーらと争いました。いくつかの箇所では彼らよりも速く走ることができました」

「パフォーマンス的な観点で言えば、徐々に改善されてきたと言えますが、まだまだ満足できない点があります」

「(オースチンでは)鈴鹿と同じレベルでレースすることができると考えています」

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム マクラーレン
記事タイプ 速報ニュース