【F1】ホンダ、イルモアと提携で前進? マクラーレンとの契約も継続か

30,888 見る

ある情報源によれば、ホンダはエンジン専門企業であるイルモアの支援により、パワーユニット性能向上が図られているという。

 今シーズン、非常に厳しいシーズン前半を過ごしたホンダ。しかしある情報源によれば、最近ホンダはエンジン専門メーカーであるイルモアと提携したことで、パフォーマンス向上の兆しを見せているという。

 マクラーレンが来季のパワーユニットをどうするのか? これについてはこの数カ月、様々な憶測が飛び交ってきた。しかし、メルセデスとフェラーリはマクラーレンにパワーユニットを供給することに対して興味を示していないとみられているため、残っている選択肢は、現在のパートナーであるホンダとの関係を継続すること、もしくはルノーとの契約を取り付けることのいずれかである。

 ホンダは、今年のF1活動の見直しの一環として、外部のコンサルタントからの助言を活用し、パワーユニットの改善を推進しているとみられる。ホンダはコンサルタントの存在について明言していないが、情報源によれば、そのうちのひとつがイルモアであるという。

 来季マシンの開発に向け、マクラーレンが使用するパワーユニットを決定するタイムリミットが迫る中、イルモアの集中的な作業により、ホンダのパワーユニットはテストベンチで魅力的な進歩がもたらされたという。またマクラーレンは、フェルナンド・アロンソとの契約延長交渉を行う前に、2018年のパワーユニットを決定しなければならない。そのための猶予も、あと数週間程度であると思われる。

 まだマクラーレンには、ルノーとの契約を選ぶことも選択肢としては残っている。しかしルノーはすでにレッドブル、トロロッソ、そしてワークスのルノーという3チームのパワーユニットを担当しており、その供給先を4チームに増やすことについては、消極的であるようだ。

 以前噂に上がった通り、トロロッソとホンダの契約が結ばれれば、その浮いた1チーム分をマクラーレンが確保できる可能性もあった。しかしホンダの山本雅史モータースポーツ部長は、トロロッソとの間ではそもそも具体的な契約の話まで至っていなかったことを認めており、その可能性は限りなく小さいものとみられている。

 ハンガリーGPでは6位入賞を果たしたとはいえ、ホンダがここまでにパフォーマンス面で劇的な成果を挙げたとは言い難い。しかしシーズン開幕前に、元フェラーリのジル・シモンとの関係を絶ち、外部からの支援を受けるなど、その背景は多く変更されてきた。

 イルモアとの提携について尋ねられたホンダの広報担当者は、その詳細について明確にすることを避けた。

「外部と仕事を共にする可能性については否定しません。しかし、その詳細を明らかにするつもりはありません」

 そうホンダの広報担当者は語った。

「2018年用パワーユニットの開発に取り組んでいます。しかし、来たるシーズンにより競争力を高めるために努力しているという事実以外、現時点では具体的なことには言及できません」

【関連ニュース】

トロロッソと”交渉決裂”の噂。真相をホンダ山本MS部長に訊く

ホンダ、F1エンジン開発の評価方法を変更。長谷川氏語る

トロロッソとホンダ間のPU契約交渉、決裂か?

ホンダ、今季後半”スペック4”投入へ。来季コンセプトは”継続”

ホンダ、イルモアと提携との情報。「できることは何でもやる」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム マクラーレン
記事タイプ 速報ニュース