ポルシェがF1復帰を果たしたら……マシンカラーリング想像3D

ポルシェは先月、2021年以降のエンジンレギュレーション次第ではあるものの、F1に復帰する可能性を検討していることを示唆した。

 ポルシェの役員会副会長であり財務・IT担当取締役も兼務するルッツ・メシュケは、今年のイタリアGPを訪問。1991年以来初めてポルシェがF1に復帰する可能性を示唆した。

 ポルシェが再びF1に戻るとして、それがエンジンメーカーとしての復帰となるのか、それともワークスチームとしての参戦となるのか、現時点では当然明らかになっていない。しかしmotorsport.tvでは、ポルシェの”ワークスカー”のカラーリング想像3Dアニメーションを製作した。

 イタリアGPを訪れたメシュケ氏は、motorsport.comに対し「F1は適切な選択肢のひとつになるだろう」と語った。

「ご存知の通り、フォーミュラEは今私たちにとって非常に重要だ。そしてF1は、いつでも考えるべき良い話題だ。また、新しいエンジン(レギュレーション)に関しては、かなり良い議論をしていると思う」

 ただ参入するためには、現在のコストが高すぎると指摘している。

「F1はコストを削減しなければならない。それ(話し合われている規則)はこの目標を達成する良い方法だろう」

 ポルシェのF1復帰に関しては、F1のオーナーサイドであるリバティメディアも、歓迎する意向を示している。F1の商業面を率いるショーン・ブラッチズは、「伝統的なブランドであるポルシェを迎え入れることは、F1のマーケティングとブランディングの側面から見ても、非常に価値のあることだろうと思う」と語っていた。

 下記のカラーリングをまとったF1マシンがサーキットを駆け抜ける、そんな日は夢物語ではないかもしれない。

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム ポルシェ・チーム
記事タイプ 速報ニュース