レイナー・シュルゲルミルヒが選ぶ、F1写真ベスト30枚

Motorsport Networkの一員となった、著名なレースフォトグラファーであるレイナー・W. シュルゲルミルヒ。彼は55年のキャリアで、60万枚以上の写真を撮ってきた。その中でも珠玉の30枚を紹介。

1962年ベルギーGP:ピットレーンから見たオー・ルージュ

1962年ベルギーGP:ピットレーンから見たオー・ルージュ
1/30

1966年ドイツGP:ダン・ガーニー/イーグル・クライマックスT1G

1966年ドイツGP:ダン・ガーニー/イーグル・クライマックスT1G
2/30

1967年モナコGP:ピットで身支度を整えるグラハム・ヒル。彼の妻ベットと、若かりしデーモンと共に

1967年モナコGP:ピットで身支度を整えるグラハム・ヒル。彼の妻ベットと、若かりしデーモンと共に
3/30

1968年モナコGP:大破したペドロ・ロドリゲスのBRM P133の横を抜けていく、デニス・ハルム(マクラーレン・コスワースM7A)

1968年モナコGP:大破したペドロ・ロドリゲスのBRM P133の横を抜けていく、デニス・ハルム(マクラーレン・コスワースM7A)
4/30

1968年フランスGP:リタイアしたグラハム・ヒルから、ドライ用のバイザーを受け取るジョー・シフェール

1968年フランスGP:リタイアしたグラハム・ヒルから、ドライ用のバイザーを受け取るジョー・シフェール
5/30

1970年スペインGP:クラッシュし炎上するジャッキー・オリバーのBRMと、ジャッキー・イクスのフェラーリの間を駆け抜けるジャッキー・スチュワート

1970年スペインGP:クラッシュし炎上するジャッキー・オリバーのBRMと、ジャッキー・イクスのフェラーリの間を駆け抜けるジャッキー・スチュワート
6/30

1970年イタリアGP:ヨッヘン・リントが通過するのを待つ妻ニーナ。しかしこの直後、ヨッヘン・リントはパラボリカでクラッシュし、絶命する

1970年イタリアGP:ヨッヘン・リントが通過するのを待つ妻ニーナ。しかしこの直後、ヨッヘン・リントはパラボリカでクラッシュし、絶命する
7/30

1971年スペインGP:グラハム・ヒル(ブラバム・コスワースBT34)

1971年スペインGP:グラハム・ヒル(ブラバム・コスワースBT34)
8/30

1971年スペインGP:クレイ・レガッツオーニ(フェラーリ)

1971年スペインGP:クレイ・レガッツオーニ(フェラーリ)
9/30

1972年オーストリアGP:エマーソン・フィッティパルディ(ロータス72)

1972年オーストリアGP:エマーソン・フィッティパルディ(ロータス72)
10/30

1973年フランスGP:フランソワ・セベール(ティレル)

1973年フランスGP:フランソワ・セベール(ティレル)
11/30

1974年ドイツGP:クレイ・レガッツォーニ(フェラーリ)

1974年ドイツGP:クレイ・レガッツォーニ(フェラーリ)
12/30

1974年ドイツGP:カルロス・ロイテマン(ブラバムBT44)

1974年ドイツGP:カルロス・ロイテマン(ブラバムBT44)
13/30

1975年ドイツGP:ジェームス・ハント(ヘスケス・フォード)

1975年ドイツGP:ジェームス・ハント(ヘスケス・フォード)
14/30

1976年ドイツGP:ニキ・ラウダ(フェラーリ312T2)

1976年ドイツGP:ニキ・ラウダ(フェラーリ312T2)
15/30

1978年スペインGP:マリオ・アンドレッティ(ロータス79)

1978年スペインGP:マリオ・アンドレッティ(ロータス79)
16/30

1981年モナコGP:残り4周、勝利をかけて戦うジル・ビルヌーブ(フェラーリ)とアラン・ジョーンズ(ウイリアムズ)

1981年モナコGP:残り4周、勝利をかけて戦うジル・ビルヌーブ(フェラーリ)とアラン・ジョーンズ(ウイリアムズ)
17/30

1982年アメリカGP:ジル・ビルヌーブとディディエ・ピローニ

1982年アメリカGP:ジル・ビルヌーブとディディエ・ピローニ
18/30

1984年イギリスGP:1周目にクラッシュしたエディ・チーバー、フィリップ・アリオー、ステファン・ヨハンソン、ジョー・ガートナー

1984年イギリスGP:1周目にクラッシュしたエディ・チーバー、フィリップ・アリオー、ステファン・ヨハンソン、ジョー・ガートナー
19/30

1985年モナコGP:ステファン・ヨハンソン(フェラーリ)

1985年モナコGP:ステファン・ヨハンソン(フェラーリ)
20/30

1986年ハンガリーGP:アラン・プロスト(マクラーレン)

1986年ハンガリーGP:アラン・プロスト(マクラーレン)
21/30

1987年オーストリアGP:アンドレア・デ・チェザリスのブラバムから上がった火の粉を”被る”マクラーレンのステファン・ヨハンソン

1987年オーストリアGP:アンドレア・デ・チェザリスのブラバムから上がった火の粉を”被る”マクラーレンのステファン・ヨハンソン
22/30

1987年モナコGP:アイルトン・セナ(ロータス・ホンダ99T)

1987年モナコGP:アイルトン・セナ(ロータス・ホンダ99T)
23/30

1987年イギリスGP:ブローアップし、炎を上げて走るアンドレア・デ・チェザリスのブラバムBMW

1987年イギリスGP:ブローアップし、炎を上げて走るアンドレア・デ・チェザリスのブラバムBMW
24/30

1992年ハンガリー GP:イワン・カペリ(フェラーリF92A)

1992年ハンガリー GP:イワン・カペリ(フェラーリF92A)
25/30

1993年モナコGP:アイルトン・セナ(マクラーレン・フォードMP4/8)

1993年モナコGP:アイルトン・セナ(マクラーレン・フォードMP4/8)
26/30

1995年モナコGP:サンテ・デボーテでクラッシュするデビッド・クルサード(ウイリアムズ・ルノーFW17)

1995年モナコGP:サンテ・デボーテでクラッシュするデビッド・クルサード(ウイリアムズ・ルノーFW17)
27/30

1996年カナダGP:ジャック・ビルヌーブ(ウイリアムズ・ルノーFW18)

1996年カナダGP:ジャック・ビルヌーブ(ウイリアムズ・ルノーFW18)
28/30

1999年ブラジルGP:ミハエル・シューマッハー(フェラーリF399)

1999年ブラジルGP:ミハエル・シューマッハー(フェラーリF399)
29/30

2012年オーストラリアGP:ジェンソン・バトン(マクラーレン・メルセデスMP4-27)

2012年オーストラリアGP:ジェンソン・バトン(マクラーレン・メルセデスMP4-27)
30/30

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ トップリスト