「2018年、勝利を狙える選択肢はまだ残っている」と語るアロンソ

来季の去就が注目されるアロンソは、トップチームのシートが埋まりつつある状況ながら、勝てる選択肢が残っていると語る。

 フェルナンド・アロンソは、2018年には勝利を狙える立場に行けるという選択肢を持っており、将来については楽観的だと主張している。

 アロンソとマクラーレンの契約は、今季限りで切れることになっている。そのアロンソは来季について、9月中にも決断を下すと語っている。

 F1の上位チームのシートはほぼ埋まっており、アロンソが優勝候補になるための選択肢は、狭まりつつあるもの間違いない。しかしアロンソは金曜日、来季に向けてはポジティブなままであると語り、勝利を狙うことができるマシンを手にすることができると考えている。また、必要ならばF1を離れることができるとも示唆した。

「すべての選択肢を検討して、何が最良か選ばなければいけない」

 アロンソは金曜日にそう語った。

「僕は、まだマーケットに来年勝つことができる選択肢が残っていると信じている。もしそういう選択肢を見つけることができないなら、僕はどこへ行ってでも勝つつもりだ」

「でも、それはうまくいくと思うし、楽観的になっている」

 そうアロンソは付け加えた。

 アロンソの選択肢は、マクラーレン残留以外ではルノーかウイリアムズであると考えられている。しかしルノーはイタリアGPを前に”アロンソを満足させるだけの準備が整っていない”との趣旨の発言をしており、可能性はかなり低いものとみられる。

 アロンソは2018年の計画について「今は緊張している」と木曜日に述べ、「僕はマクラーレンと話し合うつもりだ。特に将来の見通しは何か、そして来年期待しているのは何かということについてね」と付け加えた。

「僕らは今、チャンピオンになるためのいくつかの材料を持っている。僕が加わって以来3年間、チームは多くのことを改善してきた。だから、チームには才能があると思うし、施設やその他の必要なすべてを持っている。僕らには、競争力が欠けているだけだ。それは間違いなく、最も重要なものだ」

 アロンソのF1以外の選択肢として考えられるのは、インディカーへの挑戦だ。今年のインディ500への参戦以来、アロンソのインディ転向は度々取り沙汰されてきた。

 アロンソはアンドレッティ・オートスポートのマシンでインディ500に挑戦したが、同チームの来季ラインアップは、3人しか確定していない。

 マクラーレンのエクゼクティブ・ディレクターであるザク・ブラウンは金曜日、アロンソとの交渉は「とてもうまく行っている」と語った。しかしアロンソがチームを離脱した時のために、別の選択肢を用意しているとも認めている。

「今週末、彼と多くの時間を過ごすだろう。彼の決定は、我々が競争力を持つことができるかどうかにかかっている。エンジンだけのことではない」

 そうブラウンは語った。

「彼はまだ我々との契約にサインしていない。交渉は進行中だ。交渉はうまく行っているが、彼との契約が合意しなかった時のために、プランBやプランCを用意しておく必要がある。我々はそのための計画を持っている」

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー フェルナンド アロンソ
チーム マクラーレン
記事タイプ 速報ニュース