昨年4位”験の良い”バーレーンに臨むホンダF1「パッケージへの理解がさらに深まる」

シェア
コメント
昨年4位”験の良い”バーレーンに臨むホンダF1「パッケージへの理解がさらに深まる」
2019/03/29 5:10

レッドブルとの初戦で3位表彰台を獲得したホンダは今週末、それ以前の復帰後最上位を手にした思い出のバーレーンに挑む。

 開幕戦、レッドブルとの初戦で表彰台を獲得したホンダ。これは、2015年にF1復帰を果たして以来、初めての表彰台獲得ということになる。

 そのホンダは、昨年トロロッソのピエール・ガスリー(現レッドブル)と共に4位入賞を果たした、験の良いバーレーンGPに挑む。

「2019年開幕戦オーストラリアGPでは、ホンダF1として11年ぶりに表彰台を獲得するという良い形でシーズンのスタートが切れました」

 ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターはそうプレスリリースにコメントを寄せた。

「一方で、予選・本戦を通して他車と我々のパフォーマンス差も見えました。開幕戦で得られたデータの解析を進め、この第2戦に備えると共に今後のシーズンに向けての準備も進めています」

「今回のレースが行われるバーレーン・インターナショナル・サーキットは、前戦アルバートパークがストップ&ゴー型のストリートサーキットだったのに比べて、長めのストレートが特徴なより一般的なレーストラックです。異なる特性のサーキットでの戦いから、自分たちのマシンパッケージに対する理解がさらに深まる週末になると思います」

「我々にとってバーレーンGPは、昨年トロロッソのガスリー選手と、F1復帰以降最高位となる4位を獲得した特別なレースです。オーストラリアで得た良い流れを継続し、今回もポジティブな結果とともに終わりたいと考えています」

 F1バーレーンGPは、3月29日(金)から31日(日)にかけての3日間開催。決勝レースは現地時間の18時すぎにスタートする、トワイライトレースとして行われる。

次の記事
ウイリアムズは未だにパーツ不足!? クビサ「“ミラクル”は無い」

前の記事

ウイリアムズは未だにパーツ不足!? クビサ「“ミラクル”は無い」

次の記事

F1バーレーンGP:バーレーン国際サーキット紹介オンボード映像

F1バーレーンGP:バーレーン国際サーキット紹介オンボード映像
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第2戦バーレーンGP
まずは最新ニュースを読む