アメリカ・マイアミで2019年からF1開催? 市委員会で投票実施へ

シェア
コメント
アメリカ・マイアミで2019年からF1開催? 市委員会で投票実施へ
執筆:
2018/05/03 9:42

アメリカ・フロリダ州のマイアミ市は、2019年からのF1開催を目指し、市委員会での投票を5月10日に実施するという。

 市街地コースでのF1開催を目指すマイアミは、5月10日にこの件についての投票を市委員会で行う予定だ。

 この投票によりF1開催が承認されれば、市の行政代行官は、7月1日までにF1との間で2019年から2028年までの開催契約をまとめることを目指す。また、最初のレースは2019年の10月に行われることが期待されている。

 F1開催については、マイアミのフランシス・スアレス市長と3人の委員が強力に後押ししているという。

 リバティ・メディアはF1の株式を取得して以降、米国での存在感を高めることを目指してきた。その中でもマイアミは、レース開催が期待される都市リストの上位に位置していた。

「F1レースの開催に関する、地域社会の関心に感謝する。そして、このビジョンを活かすために、現地の関係者や権利保有者と協力することを楽しみにしている」

 F1のマネージングディレクターであるショーン・ブラッチズはそう語った。

「F1は世界中に5億人以上のファンがいる、この地球で最大のレースである。そしてマイアミは世界で最も印象的で魅力的な都市のひとつである。そのしっかりとした観光インフラと相まって、マイアミはF1とそのファンにとって最適な場所である」

 F1のライセンス部門は昨年の11月に、世界知的所有権機関(WIPO)に「フォーミュラ1 マイアミ・グランプリ(Formula 1 Miami Grand Prix)」と「フォーミュラ1 グランプリ・オブ・マイアミ(Formula 1 Grand Prix of Miami)」のふたつの商標を申請した。WIPOによれば、その商標権は”保留中”とされているが、F1の代表者が市の関係者と会い、サーキットレイアウトのついて話し合いを行うという。

 グランプリ・オブ・マイアミの名称は、1980年代にインディカーやスポーツカー・レースで使われていたが、数年で開催が終了してしまっている。

 また2015年の3月には、ダウンタウンの公道を使ってフォーミュラEのレースを開催している。ただこのイベントは、物流上の課題もあり、成功とはならなかった。この地域は、F1用サーキットの候補地にもなっているとみられる。

 フォーミュラEは当初マイアミ市当局の支援を得ていたが、その関係は悪化。以来マイアミでフォーミュラEは開催されていない。一説には、フォーミュラEがニューヨークとマイアミを天秤にかけたことが、関係悪化の原因だとも言われている。

 マイアミでのグランプリを追加するために、アゼルバイジャンGPを終了させる可能性があるという。そのためバクー市街地サーキットのピットとパドックのインフラをマイアミが買い取るとの噂もあったが、バクー側はこれを否定している。

 アゼルバイジャンGPは2020年までの開催契約を有しており、それをさらに5年延長することもできると言われている。

次の記事
マグヌッセン、アゼルバイジャンGPの事故についてガスリーに謝罪

前の記事

マグヌッセン、アゼルバイジャンGPの事故についてガスリーに謝罪

次の記事

オイル不正燃焼を防ぐため、予選中のマシンへのオイル補給が禁止へ

オイル不正燃焼を防ぐため、予選中のマシンへのオイル補給が禁止へ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Scott Mitchell
まずは最新ニュースを読む