F1
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
28 8月
イベントは終了しました
17 8月
イベントは終了しました
25 9月
FP3 まで
14 時間
:
08
:
22
09 10月
次のセッションまで……
13 days
23 10月
次のセッションまで……
27 days
31 10月
次のセッションまで……
35 days

改善の兆しを見せるガスリー「フリー走行から感触が良かった」

シェア
コメント
改善の兆しを見せるガスリー「フリー走行から感触が良かった」

レッドブル・ホンダのピエール・ガスリーが、ホンダのプレスリリースにコメントを寄せ、予選を振り返った。

 レッドブル・ホンダのピエール・ガスリーは、イギリスGPの予選で5番グリッドを獲得した。

 今季からレッドブルに昇格したガスリーは、ここまでパフォーマンスに苦労。チームメイトのマックス・フェルスタッペンがオーストリアGPの優勝を含む126ポイントを獲得してきたのに対し、ガスリーは43ポイントしか獲得できていない。

 ただ今回はフェルスタッペンのセッティングを活かす方針に変更したこともあってか、パフォーマンスが向上。チームメイトに近いラップタイムを記録し続けている。

「良いグリッドポジションを予選で獲得できましたし、チームとして大きく前進することができたのではないでしょうか」

 ガスリーはホンダのプレスリリースに、そうコメントを寄せた。

「フリー走行での感触は良く、レースウイークを通してチーム一丸となって改善に努めたおかげで、予選には万全な体制で臨めたと思います。Q3では完ぺきなラップとはなりませんでしたが、ミディアムタイヤで5番グリッドから決勝をスタートできることに満足しています」

「このレースウイークを通してポジティブな結果を出せていますし、これまでより大きく改善できている手応えもあるので、あとは明日の決勝に集中するだけです」

 フリー走行2回目で行ったロングランでも満足できたと言うガスリーは、決勝に向けて期待を寄せる。

「金曜日のレースペースの手応えはよく、マシンの仕上がりにも十分自信があるので、明日のレースがとても楽しみです」

Read Also:

リカルド、ルノーの”決断”を賞賛。アップデートの取捨選択で2台がQ3進出

前の記事

リカルド、ルノーの”決断”を賞賛。アップデートの取捨選択で2台がQ3進出

次の記事

ガスリー、大きな進歩を実感。”今季一番”の勢いを結果につなげられるか

ガスリー、大きな進歩を実感。”今季一番”の勢いを結果につなげられるか
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第10戦イギリスGP
サブイベント Q1
ドライバー ピエール ガスリー
チーム レッドブル・ホンダ